> > 魅せる!聴かせる!笑わせる!奥村遊機から『CR研ナオコ』発表!
ニュース
新機種発表
魅せる!聴かせる!笑わせる!奥村遊機から『CR研ナオコ』発表!
奥村遊機

CR研ナオコ 歌は宇宙を救う
奥村遊機より研ナオコさんをメインキャラクターとして採用した『CR研ナオコ』シリーズが発表された。

「魅せる・聴かせる・笑わせる」のコンセプトのもと、多彩なモードを搭載し、歌あり、笑いありの多彩な演出が楽しめる仕上がりとなっている。

本機の大きな特徴は液晶だけではなく、さまざまな役モノの存在といってもいいだろう。

まず液晶上部にある「研プリズムランプ」ではランプの色で信頼度が変化する。青ならリーチ、緑でスーパーリーチの可能性大、赤なら激アツ、レインボーに光れば超激アツだ。さらにこの演出は連続すればするほど信頼度がアップする連続演出も搭載している。

次に、液晶上部から飛び出す「ナオコアーム」は、液晶右横にあるレコードプレイヤーと連動する役モノ予告。「ナオコアーム」は動くだけでも期待度がアップする演出なのだが、もしレコードプレイヤーまで到達すると、レコードプレイヤーが光り輝き超激アツの予告となる。

もちろん液晶演出も多彩で、縁側モード・セレブモード・大宇宙モード・研チャンスモード・ナオコ大熱唱モードの5つのモードを搭載。この掲載順にモードアップするほど期待が高まる仕組みとなっている。このモードアップのタイミングは図柄変動開始時・リーチ時・チャンス目出現時の3パターン。中でも「1・3・5」のチャンス目停止後はナオコ大熱唱モードへのジャンプアップのチャンスだ。

なお、今回発表されたタイプ別スペックは、大当り確率1/362.3で確変割合66%の「YS」と1/325.7で確変割合60%の「VS」が大当り時の出玉約1680個、時短100回タイプ。
大当り確率が高めの「XS」は1/262.3の大当り確率で出玉は約1500個、時短50回で確変割合は56%となっている。
またホール内でも人気が高まっているハネデジタイプとして大当り確率1/89.7、確変割合52%、出玉約600個、時短40回の「WS」もラインナップされ人気を集めそうだ。

なお、ホールへの登場は2月5日が予定されている。

このニュースの関連URL:機種図鑑:『CR研ナオコ 歌は宇宙を救う』
このニュースの関連URL:奥村遊機ホームページ




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る