> > オーイズミネオから『パチスロ鉄拳伝タフ』登場
ニュース
新機種発表
オーイズミネオから『パチスロ鉄拳伝タフ』登場
オーイズミ

パチスロ鉄拳伝タフ
5号機市場で精力的に新機種を発表しているオーイズミから、OIZUMI NEOブランドの新機種が早くもリリースされた。
OIZUMI NEOブランドはオーイズミとオリンピアの業務提携により誕生したブランドで、『美川 さそり座のサラリーマン』に続き2機種目のリリースとなる。本機ではその利点を活かし、性能面でも前機の人気部分やオリンピア機種の人気機能をも取り入れた意欲作だ。

まずはメインキャラクターに採用された作品の紹介だが、1993年から2003年まで週間ヤングジャンプに連載された人気格闘漫画「高校鉄拳伝タフ」を採用。格闘漫画の世界観を液晶内に再現し、パチスロのゲーム性にあわせ、鍛錬を積みバトルに勝利するとボーナス確定となる。
そのボーナスは、2つのBIGボーナスと2つのREGボーナス、計4種類のボーナスを採用。BIGボーナスは456枚獲得(純増約300枚)、REGボーナスは146枚獲得(純増約100枚)タイプとなっている。

5号機ではもはや標準仕様となっているボーナスと小役の同時抽選も、もちろん採用。1枚役やチェリー、ブドウなどのレア小役からの演出発展がアツい場面だ。

しかし本機最大の特徴は何といっても100G完走型のリプレイタイム「鍛錬の刻」と、そのチャンスタイムとなる「武訓伝」といえるだろう。

リプレイタイム「鍛錬の刻」は90Gの鍛錬ゾーンと10ゲームの「再死合い」(バトル)で構成される計100ゲームのリプレイ高確率ゾーン。
この間は超高確率でリプレイが成立するためコインを増やしながら次回のボーナスを狙える仕組みだ。
途中でボーナスが成立した場合にも必ず100G完走するため、ボーナステンパイ時には揃わないように注意しよう(小役成立時などにはリプレイタイム中でも揃ってしまう)。

「鍛錬の刻」への突入契機は、赤7・白7揃いのBIGボーナス後か、REGボーナス後に突入する12ゲームのチャンスタイム「武訓伝」中の特殊リプレイ成立のいずれかとなる。「武訓伝」自体も実は12ゲームのリプレイタイムなのでこの間もコインは減らないのだが、リプレイ・プラム・リプレイの特殊リプレイが揃えば100Gのリプレイタイムへと昇格するのだ。

なお、赤7のBIGボーナス後のリプレイタイム中のみ、そのリプレイタイム中に特殊リプレイを引いた場合には、そこから100Gのリプレイタイムへと延長(上書き)される特典付きだ。

期待の本機の登場は2月最終週の予定だ。鍛錬して待つべし!

このニュースの関連URL:機種図鑑:パチスロ鉄拳伝タフ
このニュースの関連URL:オーイズミ




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る