> > 藤商事から最恐!!呪いのパチンコ『CRリング』発表!
ニュース
新機種発表
藤商事から最恐!!呪いのパチンコ『CRリング』発表!
藤商事

CRリング
2月6日、東京・ホテルニューオータニで藤商事の『CRリング』が発表された。
展示会のゲストは女優の三谷葉子さんと「貞子」。「貞子」は呪いのビデオが上映された後、ステージに特設された「井戸」から30人も登場し会場を恐怖と困惑の渦に巻き込んだ。
この「リング」は誰もが知っている日本ホラー映画界の代表作ともいえる作品。ホラーを題材にした機種は今までにも多く発売はされていたものの、必ずといっていいほどユニークな要素が含まれていた。しかし、この『CRリング』は冗談抜きで怖いの一色! でも、怖くなればなるほど大当りの期待度が高くなるため、いつしか恐怖は歓喜に変わるのだ。

見るからに不気味なデザインの盤面構成であるが、特に目立つのはセンター右上の「貞子の手」とステージのビデオデッキ。「貞子の手」は、大当りの信頼度が高い時ほど動くギミックで、その下からは遊技者をギロリと睨んだ「貞子の目」が出現する。ちなみに、ビデオデッキは演出用だ。

パチンコのスペックはミドルタイプの2機種がラインナップされている。この機種は、ヘソと電チューが別々の保留として独立しているいわゆる8個保留タイプ。もちろん突確は搭載しているが、ヘソと電チューでは突確になる割合が違っており、電チューの保留から突確になる割合はなんとヘソの1/10程度なのだ。さらに、保留の消化は電チューを先行するので、電チューサポートがフルに活用される確変中は、突確を引くこと無く大当り回数を増やすことができるだろう。

冒頭でも書いたように演出の全てが怖い。しかし、「貞子」はちょっと嬉しい役割も果たしているそれが「貞子リーチ監視システム」だ。この機能は同じ高信頼度のハズレリーチが続けて出現しないように考慮されたもので、もし同じリーチが続いて出現したのならば大当りが確定する仕組みだ。その他、ドラマ仕立ての凝った連続予告や、チビキャラのカラスや黒猫、そして心霊写真と細かい演出まで怖い尽くし! 大当り中は一度聞いたらしばらく頭の中に残る主題歌の「feels like "HEAVEN"」が「くる〜きっとくる〜」と盛り上げてくれるぞ!

このニュースの関連URL:機種図鑑:CRリング
このニュースの関連URL:藤商事



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る