> > アラチャンがパチンコで帰ってきた! 『CRアラジンデスティニーEX』他、パチスロ2機種発表!
ニュース
新機種発表
アラチャンがパチンコで帰ってきた! 『CRアラジンデスティニーEX』他、パチスロ2機種発表!
サミー

CRアラジンディスティニー
3月6日サミーは、パチンコ新機種『CRアラジンデスティニーEX』とパチスロ『ミスターマジックネオ』・『ゴジラパチスロウォーズ』を発表した。

パチンコはあのパチスロ機『アラジン』の「アラチャン」をパチンコへ移植したような感じの機種だ。遊技性は少々複雑なので少しここでも説明しよう。

まず、初めは普通打ちでヘソに玉を入れ、液晶の当りを待とう。間違っても右打ちしてスルーを狙ってはいけない、思いっきり音声で注意されてしまうぞ。音声の忠告を無視して打ち続けた場合で液晶が当ってしまうとトンでもない悲劇に襲われるからご用心。液晶が当れば「アラチャン」のチャンスだ。アラチャン図柄であるなら問題無いが、チャンス図柄ならとにかく祈ろう。「アラチャン」になったら今度は右打ち。スルーをガンガン通過させ、電チューを開かせよう。この電チューは液晶のスタートではなく、センター役物左側のハネを開放させる入賞口だ。ハネから玉が入って役物内の「Vゾーン」に入れば大当り!一番下にあるアタッカーが開放して出玉を増やすことができるのだ。「アラチャン」の本番はここからで、「Vゾーン」通過で大当りした場合は必ず5回転の時短となる。この5回転とは液晶のスタートのこと。つまり、液晶の回転が5回に達するまでにスルーをガンガン通過させて電チューを攻めよう。スルー通過から電チューの開くまでの時間は短く、逆に開く時間は長くなっているので、たった液晶5回の間だがチャンスは意外に多く継続の期待度は70%ということだ。

パチスロ『ミスターマジックネオ』は、昔の機種を5号機としてリメイクした機種だ。無論ゲーム性は全く別物となっているが、その雰囲気だけでも懐かしんでもらいたい。この機種の概要を簡単に書くと、完全告知機「ズルピカ」である。これではまったく判らないと思うので、解釈すると「ズルッとすべって」「ピカッと光る」この略語らしい。

完全告知機らしくゲーム性は至ってシンプル。何らかの小役が入れば「ズルッ!」ボーナスなら「ピカッ!」もちろん5号機としてはポピュラーな小役同時抽選機能を搭載しているため、「ズルッ!」で小役が揃ってもまだ、ボーナスの可能性は残されているのだ。「ズルッ!」のあと3つ目のボタンを押した瞬間小役が揃っていても、そのままボタンをネジネジして祈ってみよう。ボタンから指を離したとき、もしかしたら「ピカッ!」とくるかもしれない。また、スベリなんか判らないという初心者にも安心の機能が搭載されている。何とスベッたことを教える音声が付いているのだ。つまり、かたちはどうであれ、「ズルッ!」を誰でも楽しめる工夫がされている。RTなどの付加価値機能も無いので、上級者から初心者まで楽しめそうな機種だ。

そして、パチスロ『ゴジラパチスロウォーズ』ドーナッツビジョン搭載の筐体を採用した文字通り「ゴジラ」の版権モノだ。面白いのは主人公?ゴジラを倒すことができればボーナス確定ということ。他にも「ゴジラ」とのタイアップ機があったが、倒すのは他の怪獣だったりとあくまでゴジラを応援するのが通例だった。

ゲーム性はオーソドックスなRT搭載タイプ。ボーナス後の高確ゾーンから特殊リプレイでRTへと突入し100ゲームの消化かボーナス当選で終了だ。規定回数消化後もボーナス後も再び高確ゾーンとなるからRTのループも可能。ちなみにRTはメダルが増えていく仕様になっている。ただし、高確ゾーンでチェリーを引いてしまうと残念ながら通常ゲームへと転落となってしまうぞ。

『CRアラジンデスティニーEX』・『ゴジラパチスロウォーズ』・『ミスターマジックネオ』3機種とも3月26日頃から全国のホールで暴れ始める予定だ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CRアラジンディスティニー
このニュースの関連URL:機種図鑑:ゴジラ パチスロウォーズ
このニュースの関連URL:機種図鑑:ミスターマジックネオ
このニュースの関連URL:サミー



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る