> > マルホンから『CRビッグファインプレー』『CR龍神王シリーズ』発表!
ニュース
新機種発表
マルホンから『CRビッグファインプレー』『CR龍神王シリーズ』発表!
マルホン

CR龍神王シリーズ
マルホンは羽根モノで好評の『ファインプレー』シリーズの新機種『CRビッグファインプレー』および、遊びやすいハネデジ系新機種『CRビッグ龍神王』『CR龍神王A』を発表した。
今回発表された3機種はいずれも、少ない投資金額でも遊びやすく、それでいて連荘による出玉も期待できる魅力的なスペックとなっている。

まず『CRビッグファインプレー』は羽根モノの人気シリーズの機種であるが、本機はどちらかというとデジパチ要素が強くなっているタイプだ。
基本的には羽根モノの要素が含まれるため、ハネ開放が必須条件であるのだが、ハネ開放に至るために、まずデジタルでの小当たりが必要となる。ハネ開放となる小当たりは1/17.3の確率となっている。
デジタル抽選を経る開放のために、ハネの開放時間はこれまでの機種に比べて若干長め。ハネに拾われた玉は回転体の磁石に運ばれVゾーンに入賞すれば見事大当りとなるのだ。

そして、もちろんデジタルの数字が揃うことで直接大当りラウンドが始まる直撃大当りも搭載している。こちらの確率は1/397だ。
いずれの大当りも、ラウンド終了後に時短機能が搭載されるため、連続して大当りを獲得できる期待度も高く、これまでの羽根モノにはない出玉感を味わえる。

『CRビッグ龍神王』『CR龍神王A』はいずれも大当り確率が高めで独特のゲーム性が特徴の機種だ。
中央の液晶部分と龍の目の部分に設けられたドットデジタルで複合的に展開される予告やリーチアクションが楽しい。

まず『CRビッグ龍神王』だが、こちらは破格の大当り確率1/48.8! 確変割合が15%と若干低めだが、一度確変を引き当てれば、当然次回大当りは確定なのだが、仮に次の大当りが通常絵柄であっても時短77回転がついてくる。この時短77回転中に大当りを引き戻す割合は約80%のため、確率変動大当りを引き当てることイコール80%ループの連荘モード突入となるのだ!
なお、大当りのメインは3R(出玉約300個)だが、15R(同約1500個)の大当りも比較的出現するぞ。

『CR龍神王A』は大当り確率1/207.3、確変割合1/3という遊びやすく連荘も狙えるスペックで登場。こちらはすべての大当り後に77回転の時短がつくほか、大当りラウンドが15Rのため1回の大当りで得られる出玉が大目なのが特徴だ。

なお、ホールへの導入は『CRビッグファインプレー』が4月2日から、『CR龍神王シリーズ』が4月16日からとなっている。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CR龍神王シリーズ
このニュースの関連URL:機種図鑑:CRビッグファインプレー
このニュースの関連URL:マルホン




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る