> > ヤーマより、『やったネ!はるみちゃん』4シリーズ勢揃い! 演歌の大御所がパチスロに!
ニュース
新機種発表
ヤーマより、『やったネ!はるみちゃん』4シリーズ勢揃い! 演歌の大御所がパチスロに!
ヤーマ

やったネ!はるみちゃん
3月9日ヤーマは、東京プリンスホテルにてパチスロ新機種『やったネ!はるみちゃん』の発表展示会を開催した。

発表された機種は4シリーズ(3スペック)と多く、パチスロとしては異例のバリエーション数だ。豊富なのはスペックだけではなく、多彩な演出モードが搭載されている点も凄い!その演出モードは、パチンコのような数字を揃える演出から花が咲いたらボーナス確定の一発告知までこの1機種になんと贅沢に6種類も詰まっているのだ。

詳しいスペックは機種紹介を参照してもらうとして、ここでは簡単に触れておこう。登場する機種は全てRT搭載機種となっているが、スペックによってRTの性質が異なるのが特徴。『やったネ!はるみちゃん』は、最大1555ゲーム継続するARTを搭載した機種で、ART中は液晶でナビゲーションされる図柄を目押しする必要がある。3スペックの中で最もメダルの増加を期待できる仕様となっているハイスペック機だ。目押しが苦手という人でも、図柄は比較的見やすいのでこれを期にチャレンジしてはどうだろうか。

それでもやっぱり目押しは…。という人には『やったネ!はるみちゃん4』がお勧めだ。この機種は最大3333ゲーム継続するFRT(フリーリプレイタイム)を搭載した機種。フリーRTの名のとおり、目押しは不要だから誰でも簡単にプレイできるはずだ。メダルの増加スピードは『やったネ!はるみちゃん』には劣るが、最大3333ゲームとシリーズ最長を誇っているためジワリジワリと増やすことが可能だぞ。

そして最後に紹介するのが次回ボーナスが当選まで継続するMRT(マイルドリプレイタイム)を搭載した『やったネ!はるみちゃん2』(やったネ!はるみちゃん-30)だ。このマイルドRTは、次回ボーナスまで継続する代わりにメダルは増えない。しかし、メダルが減っていくスピードは大幅に落ちるため、ゆったりプレイしたい人向きだろう。

ホールへ登場するのは4月16日からの予定だ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:やったネ!はるみちゃん
このニュースの関連URL:ヤーマ




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る