> > これぞパチンコ! 名機復活! サンセイR&Dが新機種『CRオークスチャンス』発表!
ニュース
新機種発表
これぞパチンコ! 名機復活! サンセイR&Dが新機種『CRオークスチャンス』発表!
サンセイR&D

CRオークスチャンス
サンセイR&Dは新機種『CRオークスチャンス』を発表した。1996年に一般電役として発売され、ヒットした『オークス2』のリメイク版だ。タイプこそセブン機と姿を代えているが、当時主流だったドット表示器を採用しており、図柄やリーチアクションを完壁に再現しているのだ! 昔遊んだ人には懐かしく、液晶機しか遊んだことのない人は、新鮮に感じられるかもしれない。

この機種のセンター役物は、15インチ液晶と比ベると1/5くらいの大きさでかなり小さく感じるかもしれない。しかし、そこにはパチンコ本来の面白さがギュッと詰まっているのだ!また、発売されるスペックも、1/200以下となっているだけでなく、ちゃんとした出玉があるから嬉しい。(アマデジを除く)メインとなりそうなスペックは、大当り後に100%確変(4回転)となるSTタイプ。一方は4回転の確変中に引き戻すと4回転の確変後に96回の時短が付き、継続性がUPする。もう一方はオーソドックスで、全ての大当り後に確変(4回転)+時短50回となるタイプだ。

アマデジはラウンド振分けタイプだが、一度確変を引くと性格が変化! 確率を上回る時短100回が付いてくる仕様だ。この時短内で当り続けることができれば、時短は継続されるため一気に出玉が得られるチャンスとなるのだ。

先程センターはドットと書いたが、ST中は競馬のゲートを形どった役物が出現する「オークスチャンス」となる。LEDが左から右へと流れるルーレットで、白く輝く「力ップ」の下で停止すれば大当りだ。ちなみにアマデジでもこの役物は活躍するが、出現する場面が他の2機種と異なり大当り時となる。この場合は「力ップ」で停止すれば確変だ!

ホールで楽しめるのは、一部の地域を除き5月13日からの予定だ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CRオークスチャンス
このニュースの関連URL:サンセイR&D




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る