> > 大量リーチ目の興奮そのままに! 山佐がカエルシリーズ最新作『ニューパルサーV』を発表!
ニュース
新機種発表
大量リーチ目の興奮そのままに! 山佐がカエルシリーズ最新作『ニューパルサーV』を発表!
山佐

ニューパルサーV
4号機初期に全国のホールを席巻し、一つの時代を築いた往年の名機『ニューパルサー』シリーズ。その最新作がついに山佐から発表された。その名も『ニューパルサーV』。カエルファン待望のこの一作には「数々の驚き」が詰め込まれている。

まず第一の驚きは「5号機であるにもかかわらず4号機の頃のニューパルと何も変わらない」というところ。ご存じの通り5号機では「基本的に払い出しのあるチェリー絵柄とボーナス絵柄を隣に配置することはできない」という規定がある。にもかかわらず、今作では配列からリーチ目、リール制御に至るまで、ほぼ初代からのものを踏襲できているのだ。
そして第2の驚きは、この継承を生み出す仕組み「第4のリール」にある。実は本機ニューパルサーV、業界初「4つのストップボタンを搭載したマシン」となっており、メインとなるリールの右側に配置された4つ目のリールも、プレイヤーの手で止めることになっている。そしてこの第4のリールこそが、あり得ないはずの配列継承を生み出すカギ。なんと本機ではこの第4のリールが本物のメインリールとなっており、一見メインリールに見える3本のリールの内の左リールこそがサブリールとなっているのだ。演出用のサブリールでなら当然、どんな配列・動きも可能。このサブ左リールにより、本来あり得ないはずの4号機制御を再現しているというわけだ。

なお、小役の払い出し等は一番右のリールの停止結果によって行われる(適当打ちでも取りこぼしは一切ナシ)ため、ベルやオレンジ、チェリーの取りこぼし出目でも払い出しが発生。逆に一番左のサブリールでチェリーが出現しているのにもかかわらず払い出しがない場合はリーチ目……など、5号機ニューパルならではの楽しみも存在するぞ。

左リールにチェリーを狙って楽しんでいた人も、とにかく全開適当打ちをしていたという年輩の方も、リーチ目さえ知っていれば損せず遊べる……山佐の「万人に平等」のコンセプトを見事に貫いた、本機ニューパルサーVの登場は、6月25日予定。あの愛らしいカエル王子が、またもや全国のホールの顔となる日はもうすぐそこだ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:ニューパルサーV
このニュースの関連URL:山佐




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る