> > ニューギンより、異色の戦国パチンコ『CR花の慶次』登場!
ニュース
新機種発表
ニューギンより、異色の戦国パチンコ『CR花の慶次』登場!
ニューギン

CR花の慶次
北斗の拳といえば、知らぬものはいないほどの大ヒットコミックだが、パチンコやスロット機種のキャラとしても非常に有名である。その北斗の拳の原作者「原哲夫氏」の痛快異色時代劇コミックが「花の慶次」。週刊少年ジャンプ誌に掲載されていた時から愛読していた人も多いだろう。その「花の慶次」がパチンコキャラとして、株式会社ニューギンより登場した。

6月初旬の発表会、東京上野同社ショールームには多数のホール関係者・マスコミが集まり、新機種への関心の高さが伺える盛況ぶり。そもそも、「花の慶次」とは、実在した傾奇者(かぶきもの)をモチーフにしてある。異風の姿形を好み、異様な振る舞いや突飛な行動を愛する型破りな人々。その代表とも言える人物が「花の慶次」なのである。

パチンコ台では、原作の持つ、独特の世界観が見事に再現されており、確変率80%で、バトルタイプ+業界初の変則的なランクアップボーナスシステムを搭載するなど、原作にひけをとらないまさに異色の機種となっている。

15インチの巨大液晶と巨大ロゴ可動体そして桜ギミックの花びら可動体などによって繰り広げられるゲームアクションは迫力の一言。直江兼続、真田幸村、伊達政宗、豊臣秀吉など歴史上の人物も次々と登場し、ゲーム性を盛り上げている。

大当たり確率は約1/400と辛目だが、継続率80%の確変とランクアップボーナスによる一撃での破壊力は凄い。波に乗れば5箱10箱は軽く出そうだ。原作を読んだことのない人でも、楽しめるつくりになっているだけに、ホールで見かけたら一度は挑戦してもらいたい機種だ。なお、大当たりやバトル中に流れる主題歌は、K−1で有名な「角田信朗氏」が高らかに歌っているので一度は聞いてもらいたい。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CR花の慶次
このニュースの関連URL:ニューギン




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る