> > 1リールに16コマ!? 驚愕の新機種『ジャンジャン飯店』が登場!
ニュース
新機種発表
1リールに16コマ!? 驚愕の新機種『ジャンジャン飯店』が登場!
コルモ

ジャンジャン飯店
新規参入メーカーのCOLMOから初となるパチスロ機が発表された。

機種名を聞いて「おやっ?」と思った人も多いだろう。昨年暮れにSNKプレイモアから発表された『ジャンジャン年中猛特訓』とモチーフは同じだが中身は全くの別モノ。そのSNKプレイモアが開発協力を行う形で登場するのが、今回の『ジャンジャン飯店』だ。

機種名だけではない。その外見に驚いた人も多いハズ。カジノのスロットマシーンを彷彿とさせるリール窓枠は、正真正銘の1ライン機。しかも、写真を見て絵柄が極端に大きく感じただろうが、1リールに16コマしか図柄が用意されていないのだ。いまだかつてない規格だけに、興味と不安が交錯しているだろうが、1つ1つ解説していこう。

結論を先に言うと、従来機とほぼ同じ感覚でプレイすることが可能だ。1リールに16コマしかないが、リールの回転速度も同じ。リール窓枠からは1コマ分しか覗くことはできないが、その分絵柄も大きくなっているので、通常の機種で目押しができる人ならば、本機でも同じように絵柄を狙うことは可能だ。むしろ絵柄が大きい分、目押しが苦手な人でも見えるかも!? ただ、1つだけ注意してもらいたいのがスベリコマ数。1リールに21コマの絵柄が配置されている従来機は、押した位置からスベるのは最大で4コマ。ただし、本機は規則上3コマまでしかスベることができない。小役をフォローしながら打ちたい人は、3コマ以内に狙いたい小役やボーナス絵柄がある箇所を狙うようにしよう!

また、1ラインしか見えないことにより、出目が無意味にならないか? という不安を持つ人もいるだろう。ところがどうして。1ラインしかないのに、リーチ目も普通に用意されているのだ。リーチ目で気付くこともあり、演出で気付くこともあり。まさに普通の5号機を打っているのと同じ感覚。それでいて、ちょっとしたカジノ気分を味わえるのだ。

……ということで、ここからは従来の5号機と同じ解説を。本機のボーナスは3種類。赤7揃いは465枚払い出しタイプのBIGで、BIG終了後は100Gのリプレイタイム(以下、RT)に突入。このRT中はコインを減らさずにボーナスを待てるので連チャンに期待しよう! その他のボーナスだが、青7揃いは330枚払い出しタイプのBIG。BAR揃いは、8回入賞するか12G消化で終了するREGとなっており、いずれも終了後のRTはナシ。

このように、チャレンジボーナスを搭載していない一種オンリーのタイプなので、通常時のベース(1000円あたりの回転数)も高くまったりと楽しめる仕様といえるだろう。

なお、ボーナスと小役の同時当選機能も搭載。対象役はチェリーとスイカの2種類。いずれも目押しをしないと取りこぼしてしまう可能性のある小役なので、なるべくならしっかりとフォローするようにしよう!

パチスロ史に間違いなく名を残す『ジャンジャン飯店』の導入は7月16日からだ!

このニュースの関連URL:機種図鑑:ジャンジャン飯店




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る