> > 抱腹絶倒嘉門ワールド全開の『CR嘉門達夫のたのしい昔話』ニューギンよりリリース
ニュース
新機種発表
抱腹絶倒嘉門ワールド全開の『CR嘉門達夫のたのしい昔話』ニューギンよりリリース
ニューギン

CR嘉門達夫の楽しい昔話
「ちゃらりー鼻から牛乳♪」などのギャグソングや替え歌で有名な嘉門達夫がパチンコ台になって登場した。楽しい昔話を舞台に大活躍する一風変わった特色のあるパチンコ台を登場させたのは、「あそびにマジメ」のニューギン。

7月初旬に同社から発表された新機種の正式名は『CR嘉門達夫の楽しい昔話 H-TX と N−KX』。その名にある通り、主役キャラの嘉門達夫のオリジナリティあふれるギャグと日本の昔話がうまく融合された演出がとても楽しい。

嘉門達夫の台と言うことで、オリジナルムービーや撮り下ろしムービーが満載で、「ゆけゆけ嘉門達夫」「ヤンキー兄ちゃんの歌」「アホが見るブタのケツ」「あったらコワいセレナーデ」など往年のヒット曲もたっぷり楽しめる。

ゲーム性も斬新な演出がふんだんに取り入れられ、特に嘉門ブランク図柄演出が楽しい。中央にブランク図柄が停止すると、家紋が嘉門となって激アツリーチに発展する。また盤面に配置された扉がガタガタ揺れたり、開門すれば中からギミックの嘉門達夫が登場し、期待度がアップするなど面白いつくりだ。

使われている昔話は「桃太郎」「浦島太郎」「かぐや姫」「鶴の恩返し」など誰もが知っているお馴染みのもの。実写とアニメがうまく融合したリーチアクションは必見だ。また特筆すべきは、羽根デジタイプのN-KXのゲーム性とスペック。

★大当たり確率1/95.8→1/14.1  10ラウンドor2ラウンド 確変継続率75%

という異色スペック。
確変図柄または2R確変で当った場合、10回転限定の高確率モード(嘉門チャンスモード)に移行し、その間に通常大当たりを引き当てれば、100回時短の嘉門チャンスモードに移行する。その大当たりが確変図柄または2R確変の場合は10回転確変と90回転時短がつき、そこで当り続ける限り、このチャンスモードは延々と続く仕組みになっている。10Rの大当たりは平均1000個ということで、展開によっては羽根デジとは思えない一撃大量出玉をゲットすることも十分可能だ。

H-TXはミドルタイプのデジパチで甘い大当たり確率が魅力。

★大当たり確率 1/299.5→1/33.3 15ラウンドor2ラウンド  確変継続率60%

一回の出玉は少なめだが、初当り確率が甘いので、こちらもドル箱を積み上げることは十分に可能だ。

いずれのスペックも打ち手に優しいつくりになっているのはうれしい限り。楽しいゲーム性と合わさって是非楽しんでもらいたい機種が『CR嘉門達夫の楽しい昔話』なのだ。気になるホール登場は7月下旬辺りからの予定。見かけたら是非打って楽しい嘉門ワールドに浸ってほしい。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CR嘉門達夫の楽しい昔話
このニュースの関連URL:ニューギン




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る