> > どっかーーーーん!「羽根×バトル」インパクト最高の『黒ひげ危機一髪2』京楽よりリリース 
ニュース
新機種発表
どっかーーーーん!「羽根×バトル」インパクト最高の『黒ひげ危機一髪2』京楽よりリリース 
京楽

ぱちんこ黒ひげ危機一発2
大ヒット機種を次々と市場に送りだしているKYORAKUからまたもや、パチンコ市場をゆるがす話題の新機種が発表になった。涼しさがようやく感じられるようになってきた9月13日。リリース会場となった東京品川インターシティには、全国から多数のホール、マスコミ関係者が集まった。その数の多さが新機種への期待そのものを表している。

その新機種の名は『CR ぱちんこ黒ひげ危機一髪2』。2という名前の通り、前身機は約5年前に発売されて人気を博した『黒ひげ危機一髪』の完全リニューアルバージョンだ。

ゲーム性はもとより、最も大きな変更点はそのスペック。1/100の以下の高確率羽根デジタイプにも関わらず、約80%を誇る高い継続率のバトルタイプを掛け合わせたスペックは非常に魅力的。同社の現役人気機種『歌舞伎ソード』とほぼ同タイプで、シリーズ第二弾!という位置づけでいいだろう。

ゲーム性は勿論、1975年に登場以来、30年以上に渡ってパーティーゲームを盛り上げてきたあのゲーム。そう、日本が生んだパーティゲームの王様「黒ひげ危機一髪」がモチーフ。主人公の黒ひげが敵キャラと対決し、とにかく樽から脱出できれば大当たりという極めて分かりやすいゲーム性が特徴。

さらに、同社得意のプレイヤー参加型パチンコの要素がふんだんに盛り込まれ、ボタンプッシュの演出が様々な場面で取り入れられている。こういう演出が、いつ黒ひげが樽から飛び出すか分からないハラハラドキドキのゲーム性をさらに盛り上げている。

そして、オリジナルテーマソング「黒ひげポン!!」をハイテンションで歌い上げるのは、ベテラン松崎しげるさん。歌だけでなく、ゲームの鍵をにぎる松崎アニキの「ドッカーン!」ボイスはインパクト抜群。

また、京楽サプライズキャラ6代目として、すでに仮面ライダーなどで登場している川村ゆきえさんも、プレミアキャラとして採用されている。発表会当日には、このお二人がゲストとして、トークに歌そしてステージ上での試打と会場を大いに盛り上げた。川村さんの打った台は一発で、プレミアキャラのご本人登場という「演出」に「あ、私がでたぁ〜」と本人もそれを見ていた会場も大喜び。

同社では来月の販売に向けて、「稼動命!」をキャッチフレーズに、ハイパーメディアプロモーションを展開する予定。新聞広告やテレビスポットCMなども10月からは全面展開し、導入ホールの稼動を支援する体制をとっている。

初当り確率が1/100より高く設定されているため、少ない資金でも手軽に遊べる要素をもった「甘デジ×バトル」タイプのホール登場は、10月9日の予定。その日が待ち遠しい。

このニュースの関連URL:機種図鑑:ぱちんこ黒ひげ危機一発2
このニュースの関連URL:京楽




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る