> > 帰ってきた!パワーアップした『超お父さん2(スーパーお父さん2)』登場!
ニュース
新機種発表
帰ってきた!パワーアップした『超お父さん2(スーパーお父さん2)』登場!
SNKプレイモア

超お父さん2 (スーパーお父さん2)
SNKプレイモアから5号機初期の伝説的名機『超お父さん(スーパーお父さん)』が『スカイラブ』や『シスタークエスト』でも評価が高い15インチ液晶筐体で帰ってきた!! その名も『超お父さん2(スーパーお父さん2)』だ!

先代『超お父さん』は、いまや5号機では当たり前の機能となっているボーナス後のチャンスタイムから特定役入賞によるリプレイタイム突入や、リプレイタイムのループ連荘、そして多彩なリーチ目やチャンス目、「天井」の概念など、5号機では不可能といわれてきた数々の機能を同社最初の機種で搭載し、一つの潮流を作り上げた名作なのだ。

今回の“正統派後継機種”ではBIGボーナス後1ゲームは「超チャンスゾーン」としてひときわリプレイタイムに入賞しやすくしているほか、『スカイラブ』で好評であったBIGボーナス中のBGM選択も搭載。ちなみに楽曲はオリジナルの「超お父さんのテーマソング」のほか、ルリちゃんがアイドルに扮する「セーラー服を脱がさないで」、お父さんとお母さんの秘密が満載の「ラブ・イズ・オーヴァー」とバラエティ豊かになっている。

また前作では搭載されていなかったボーナスと小役の同時当選も本作では採用され、1枚役やチェリーなどでボーナスが期待できる仕組みとなっているのだが、前作ファンにはおなじみのチャンス目「スイカ揃い」の0枚役は今回も健在で、さらにリーチ目・チャンス目は5000パターン以上と、先代を知らないファンでも分かりやすいゲーム性となっているぞ。

15インチ液晶にて展開される演出は前作をはるかに上回る多彩な展開が準備され、67%ループのリプレイタイムと200分の1を切る高いボーナス確率とあわせ、ルリやお父さんが活躍する様々な演出を楽しみたい。

なお、リプレイタイムのチャンスゾーンであるバトルチャンスで対決する敵キャラクターは、前回同様“何か”を想像させるキャラクター揃い。
前作はコンダール(コンドル)、フロッガ(カエル)、ライオウ(ライオン)と“何か”を想像させたが、今回はジャック(鮫)、フライクイーン(蝶)、ダイゴン(大砲)となっており、“何”を想像するかは打ち手次第(笑)

『超お父さん』『スカイラブ』と、これまでの発表機種が軒並みファンの心を捉えている開発チームの機種だけに期待が高まるが、ホールへの登場は11月の予定。しばし待とう。

このニュースの関連URL:機種図鑑:『超お父さん2 (スーパーお父さん2)』
このニュースの関連URL:SNKプレイモア




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る