> > ひとめ見て「打ちたくなる」究極マシン!・・・『伝説の巫女』タイヨーエレックより
ニュース
新機種発表
ひとめ見て「打ちたくなる」究極マシン!・・・『伝説の巫女』タイヨーエレックより
タイヨーエレック

CR伝説の巫女
『それゆけエリちゃん』が根強い人気で、好評稼動中のタイヨーエレックから、話題の新機種が発表になった。その名も『CR 伝説の巫女』。実は、パチスロで実績のあるサミーとのタッグで同時にパチスロ「伝説の巫女」も納品される。ひとめ見て「打ちたくなる」究極マシン!・・・と販売元のタイヨーエレックの自信作だ。

11月27日に東京上野同社ショールームで行われたプレス発表会には、多数のマスコミ・メディア関係者が集まり、満員の会場は熱気に包まれた。発表会では、名物社長佐藤恵理子氏の挨拶に始まり、開発担当から、詳しい機種の説明がなされた。

具体的な開発にあたっては、「イートレックジャパン」が全面協力。愛らしいキャラづくり、敵味方がはっきり分かれたユーザーに分かりやすく親しみやすい世界観づくりには定評のある同社だけに、独自キャラの「伝説の巫女 かえで」を中心にした楽しいゲーム性に仕上がっている。

また、タイヨーエレックの特徴とも言えるシャッター液晶や卓越した表現力を誇るダブル液晶など筐体にも工夫が凝らされている。ダブル液晶の採用によって、上下2段で連動して繰り広げられる予告やリーチアクションは迫力満点。さらにプレイヤー参加型のボタン演出などもあって、長時間でも飽きずに楽しめるつくりになっている。

肝心のスペックは1/315.5 で確変継続率56.7%(17/30) 毎回100回時短とオーソドックス。しかし、工夫も多い。たとえば、確変時には、電チュー入賞が優先され、出玉の得られない2R当たりがカットされる仕組みが搭載。加えて、状態については完全非報知タイプなため、見かけは通常モードであっても、内部確変だったり、時短状態から確変状態に移行することもあり、いつでもどこでも目が離せない。

納品開始は来年2008年1月6日の予定。お正月イベント、新装入れ替えの目玉ともなりそうな本機。新春のホールに、新たな活気ある「伝説」を作ってくれることに期待しよう。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CR伝説の巫女
このニュースの関連URL:タイヨーエレック




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る