> > 初心者でも安心! あの『吉宗』が5号機になって完全復活!
ニュース
新機種発表
初心者でも安心! あの『吉宗』が5号機になって完全復活!
大都技研

新・吉宗
待ちこがれていた人も多いだろう。大都技研から『新・吉宗』が発表された。BIG中のジャキ〜〜ンという告知や青7揃い、そしてコミカルな液晶演出も健在。『吉宗』の冠に恥じない素晴らしいデキになっているぞ!

老婆心ながら……この『新・吉宗』は5号機なので、もちろんBIG1回で711枚獲得できるわけでもないし、BIG中に青7が揃ったところで1G連チャンが確定するわけでもない。しかし、それを補う安心感(ドップリとハマってしまうリスクは少ない)があることも忘れずに、これからの解説を読んでいただきたい。

まずはボーナスの説明から。BIGは5種類あり、白7揃い&姫揃い&「青7・青7・姫」揃いの3種類だと390枚払い出しタイプのBIG(純増は約280枚)。「姫・姫・白7」揃いと「白7・白7・姫」揃いの2種類は345枚払い出しタイプのBIG(純増は約230枚)となっている。この他に払い出しの少ないボーナスは存在しないので、液晶に「ボーナス確定」の文字が出た場合は、いずれかのBIGということになる。REGがないので、揃ってみてガックリということはないぞ!

さらに、この5種類のBIG中のいずれからも、BIG中に青7を揃えるチャンスを秘めている。BIG中に青7が揃うとシングルラインで揃えば、BIG終了後に100GのRTへ。青7がダブルラインで揃えば300GのRTへ突入する(RTは1Gあたり約1枚の増加)。この青7が揃う時は、BIG開始時に選ぶBIGの種類によって演出内容が変化するのは前作通り。今回は、爺BIG・姫BIG・吉宗BIGの他に全員BIG(RT中にBIG成立)も加わっている。爺BIGを選んだ場合は、もちろん「ジャキ〜〜ン」とド派手に告知してくれるが、いろいろ試してみて、お気に入りの演出を見つけるようにしよう。

通常時の演出も、爺ステージ(演出が出ればアツい)・姫ステージ(パチンコ風演出)・吉宗ステージ(前作を踏襲)と3パターンあり、それぞれをプレイヤーが任意に選ぶことができる。

さて、BIG中の成立役などによって、ボーナス終了後のRTが云々……といった機種は過去に多く登場しているが、全ての機種は「RTパンク役を回避するために目押しする」作業が必要だった。しかし、『新・吉宗』は目押しをちょっと失敗したところで、大きな損にならないような設計になっている。初心者でも安心してBIG中の引きを楽しめる内容となっているのだ! つまりは、過去にないビックリの新機能を上手く活用しているということになるが……その詳細は、後日攻略ポイントのページで解説するぞ!

もちろん、一撃の711枚や1G連チャンといった爆裂性はないが、それ以外の面はすべてにおいてパワーアップ。初心者でも安心して楽しめる『吉宗』の純粋なゲーム性に再び会えるのは2月上旬からだ! ラドンの意味を考えながら導入を待とう(謎)!

このニュースの関連URL:機種図鑑:新・吉宗
このニュースの関連URL:大都技研




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る