> > 前作“哲也”での期待を裏切らない自信作「マッハGOGOGO2」アリストクラートより発表
ニュース
新機種発表
前作“哲也”での期待を裏切らない自信作「マッハGOGOGO2」アリストクラートより発表
アリストクラートテクノロジーズ

マッハGOGOGO2
1月16日、都内品川プリンスホテルにて、アリストクラートテクノロジーズ最新作『マッハGOGOGO2』の発表展示会が行われた。昨年発売となった『哲也〜雀聖と呼ばれた男』の評価がすこぶる良好だったということもあってか、注目の次機種の登場に、会場には多くのホール関係者やプレスが押し掛け大盛況となった。

ART機能の充実……という独自の路線で5号機時代を引っ張るアリストクラート。本機もまた出玉のメインはARTとなっており、BIG中に「7揃い」の仕掛けがある点など、その大まかな流れは前作哲也を踏襲している。ボーナス終了後に突入する特殊RTで「GO図柄」を揃えることができれば本RTに突入するのだが、このGO図柄は左リールが3択の10枚役の取りこぼし時の一部で出現。この出目を出現させるためには左に押す場所を当てつつ残りリールの押し順も当てなければならないので、先述したBIG中の7揃えによるナビ獲得が非常に重要となるのだ。

本RTである「GO!GO!TIME」は55ゲーム継続の増加型ART。1ゲームあたりプラス1.3枚という純増枚数の多さもさることながら、今回では完走型のARTとなっているためボーナスと絡んだ時の破壊力は倍増。さらにチャンスゾーンから転落してしまった場合も169ゲームという短い間隔で次回チャンスゾーンを迎えられる仕組みになっている。ここからも本機がいかにARTに重きを置いたゲーム性になっているかが伺えるであろう。まさに現代のホール・ユーザー、全てに支持されるための要素を、全て持ち合わせた台といえる。

哲也と同様即日完売間違いナシの本機マッハGOGOGO2、待望のホール導入は2月18日だ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:マッハGOGOGO2
このニュースの関連URL:アリストクラートテクノロジーズ



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る