> > ヤーマから『がんばれ元気〜激闘編〜』が発表!
ニュース
新機種発表
ヤーマから『がんばれ元気〜激闘編〜』が発表!
ヤーマ

がんばれ元気 激闘編
『がんばれ元気』なら打ったことがある、金チャンピオンロードでいっぱい出た! という人もいることだろう。その『がんばれ元気』とゲーム性は同じにして、一撃のパワーも損なうことなく「より遊びやすくした」バージョンの『がんばれ元気〜激闘編〜』が発表された。

まずは、ご存じない方のために基本的なゲーム性から。3種類のボーナス終了後はチャンピオンロードと名付けられたアシストリプレイタイム(以下、ART)突入のチャンスゾーンとなっている。このチャンスゾーンは特殊リプレイ成立で終了してしまうので、その前にカンを働かせてチェリーを取りこぼすのがポイントだ。ここで3択のチェリーを取りこぼすと強チャンス目か弱チャンス目のいずれかが出現。強チャンス目なら次回ボーナスまで継続するARTに突入。弱チャンス目なら、77GのARTに突入する仕組みになっている(前作は111Gだった)。この77GのARTは、途中でボーナスを引けずに終了しても、ARTに再突入するチャンスゾーンに移行してくれる。なので、まだまだ期待ができる……どころか、ループ率は75%と高くなっているし、ここから次回ボーナスまで継続するARTに突入することもあるので、一番楽しめる瞬間なのかもしれない。なお、ARTの純増枚数は1Gあたり1.6枚(メーカー発表)。バリバリ増えることが予想される。

さて、チャンスゾーンからのART突入率(陥落の特殊リプレイ確率)は、状態によって異なっている。77GのRT終了後は前述の通り75%となっているが、青BAR(純増54枚)終了後は33%。緑BIG(純増102枚)終了後は57%。赤BIG(純増312枚)は100%となっている。前作と比べると、緑BIGの純増枚数がダウンし、ARTの突入率も下がってしまったが(前は100%)、それは破格のループ率でカバーすることによって一撃の期待は損なわれないようになっている。また、この影響で遊びやすくなった部分も作ることができるようになったのだ。

その遊びやすくなった部分を解説していこう。まずはボーナス確率が飛躍的にアップ。正確な数値は公表されていないが、だいたいの設定で1/200を切っているとのこと。もちろん、ボーナスが当たりやすくなると、次回ボーナスまでARTを引いてガッツリハマる黄金パターンも減ってしまうが、一撃の入り口を多く消化できることにつながってくれる。ちなみに、高設定ほどART突入確定となる赤BIGの比率がアップするので、そのあたりにも注目しよう。

また、天井ゲーム数が666Gへとほぼ半減したのもポイント。この天井に到達すると、ART突入率75%のチャンスゾーンに移行してくれる。特殊リプレイでチャンスゾーンから陥落してから……という条件なので、ARTの連チャン後などは666Gよりも遅くなる可能性があるので注意しよう。

一撃の魅力を残しつつ遊びやすくなった『がんばれ元気〜激闘編〜』の登場は3月24日より。

このニュースの関連URL:機種図鑑:がんばれ元気 激闘編
このニュースの関連URL:ヤーマ




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る