> > COLMOから液晶演出が可愛らしい『クイージ』が発表!
ニュース
新機種発表
COLMOから液晶演出が可愛らしい『クイージ』が発表!
コルモ

クイージ
業界初となる1リール16コマのパチスロ『ジャンジャン飯店』でセンセーショナルなデビューを飾ったCOLMOから、2機種目となる『クイージ』が発表された。今回はSNKプレイモアだけでなく、液晶演出制作の第一人者ともいえるイートレックジャパンとも共同開発。システムにリールに液晶演出と、どこからも目が離せないデキになっている。

『クイージ』という機種名だが、これは「喰い意地」に引っかけられている。主人公は「クイージ」で、通常時はキノコやタマゴなどの食材を採取。サブキャラも「モズク」や「マフィン」といった食べ物に由来。そんなコミカルな世界観が溢れる演出だけでなく、BIGもパネル上では「COOKING BONUS」と表記されているように、超満腹系のパチスロとなっている。

その中味も、プレイヤーにとって超満腹系の黄金パターンが用意されている。BIGボーナスは、赤7揃い、青7揃い、「赤7・白7・赤7」、「青7・白7・青7」の4種類(純増約255枚)で、この後は最長30Gの「わくわくタイム」と名付けられたチャンスゾーンに移行する。このチャンスゾーン中は「リプ・リプ・炎」の特殊リプレイ確率が大幅にアップしており、特殊リプレイが揃うと100Gの完走型RTに突入する。RT1Gあたりの純増枚数は0.7枚なので、約70枚のコインを上積みしつつボーナスの連チャンを待つことができるのだ(途中で揃えてしまわないように注意!)。ただ、チャンスゾーンは30G消化するだけでなく、ボーナスかチェリーを引いてしまうと終了してしまう。チェリーは回避不可能なので、その前に特殊リプレイが揃うことを祈ろう!

なお、この特殊リプレイは通常時に揃うと大チャンス。ボーナスと同時当選していなかったら、そこからもチャンスゾーン中と同様に、100Gの完走型RTに突入するぞ。

残るボーナス2種類は、「赤7・赤7・白7」「青7・青7・白7」ともにチャレンジボーナス(純増108枚)。この後はチャンスゾーンに移行しないが、高設定ほど出現比率が高いと思われるので、ガッカリするのもほどほどに。チャレンジボーナス中は目押し一切不要だが、右リール中段にBARを狙う目押しゲームが。BIG中も液晶に出る押し順を覚えて、その通りに押すゲームが発生するので、ボーナス中も演出などを見ながら楽しめるようになっている。

どことなく、SNKプレイモアらしさが漂うリール配列にも要注目。基本的には斧(スイカ)の近辺となるが、この位置を押して……などと想像しながら、4月21日のホールデビューを待とう!

このニュースの関連URL:機種図鑑:クイージ
このニュースの関連URL:コルモ




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る