> > 幕末の世に現れた、反権力のヒーロー『CR鞍馬天狗』が藤商事よりリリース!
ニュース
新機種発表
幕末の世に現れた、反権力のヒーロー『CR鞍馬天狗』が藤商事よりリリース!
藤商事

CR鞍馬天狗
パチンコ・パチスロメーカーの藤商事から、時代劇の傑作「鞍馬天狗」をモチーフにした新台が発表になった。2008年3月19日、新機種発表会が行われた東京上野同社ショールームには、多数のホール・メディア関係者が集まった。

もともと、鞍馬天狗というヒーローは、時代劇の登場人物として古くから愛されてきた。主人公倉田典膳は、佐幕派や近藤勇率いる新撰組との死闘の時には、「鞍馬天狗」となり宗房や黒姫の吉兵衛と江戸で大暴れを起こす。勿論、「鞍馬天狗」はフィクションの人物であるが、歴史的史実にある程度基づいた幕末の動乱がうまく描かれている点から、時代劇ファンからも評価が高い作品である。

今回のパチンコ台の開発にあたっては、幅広いユーザーに支持を得るために、オールドファンのみならず、ゲーム世代の若年層にも受け入れやすいような、最新のビジュアルやサウンドが盛り込まれている。メイン画面は、リアルアニメ系だが、実写映像(→実写映像は、どこで出現しても期待度がアップする仕組みだが、ここでは目黒祐樹出演の「鞍馬天狗」から第一話〜三話までのストーリーのエピソードがメイン)もうまく取り入れられている。

そしてゲーム演出を彩る2つの可動役物が面白い。

●対決リール
●鞍馬斬光フラッシュ

ともに、予告やリーチ演出で、リール回転、フラッシュとアツくゲームを盛り上げる。『ヤマト』や『リング』ですっかりお馴染みになった藤商事のフラッシュ演出はなおも健在、というよりますますの進化を遂げている。

さらに「直撃系連続演出」が独創的。多くはミッションモードになるが、「リール回転予告」中に、スタートチャッカーに玉を入れるのだ!のミッションは期待度が高い。そのまま大当たり直撃となる可能性を秘めている点が面白い。

発表会では、販売促進課主任枝吉慎哉氏より「何より稼働を考えた演出をメインにしている」という説明がなされたが、その言葉どおり、低確率時、高確率時ともにプレイヤーの期待感が、途切れないための通常時マルチ天井演出システムなど様々な工夫が採用されている。

宿敵との対決リーチ、通常図柄で大当たりラウンド中の昇格アクションなど見所満載の『CR 鞍馬天狗』のホール登場は5月中旬の予定。ゴールデンウィーク明け第一弾の目玉機種として、正義の勧善懲悪ヒーロー「鞍馬天狗」の大暴れはもうすぐだ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CR鞍馬天狗
このニュースの関連URL:藤商事



  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る