> > 演歌の大御所、五木ひろしがパチスロに!
ニュース
新機種発表
演歌の大御所、五木ひろしがパチスロに!
JPS

ミュージックボックス五木ひろし
JPSの最新機種は、知らぬ人はいないだろう、あの「五木ひろし」とのタイアップ機『ミュージックボックス五木ひろし』だ!

JPSといえば、もちろん2007年を代表する名機『2027』などマニアを唸らせるシステムの機種を数多く輩出してきたが、今回は演歌の大御所がモチーフということもあり、誰もが気軽に打てる「RTを排除したボーナス主体のゲーム性・完全告知」というわかりやすい仕上がりになっている。

『ミュージックボックス五木ひろし』の名前通り、数多くの楽曲がボーナス中に流れるが、その曲目は……

1)よこはまたそがれ
2)待っている女
3)夜空
4)契り
5)細雪
6)長良川艶歌
7)汽笛
8)山河
9)アカシヤ挽歌
10)ふりむけば日本海

……の全10曲。REG中は「汽笛」か「アカシヤ挽歌」がランダムで流れ、BIG中はその他の8曲から選ぶことができるぞ。曲と同時に流れる液晶画面は、本機のために撮りおろしたもの。また、ボーナス後10G以内にBIGを引いた場合、五木ひろし氏のパチスロ化に際したインタビューが流れるようになっており、いずれもこの『ミュージックボックス五木ひろし』以外では見られない映像となっている。

気になるパチスロ機としての中味だが、先にも触れたように、ボーナスのみでコインを増やすシンプルな設計になっている。ボーナスは2種類のみで、赤7揃いはBIGとなっており純増は約310枚。「赤7・赤7・BAR」のREGは、内部的にチャレンジボーナス(以下、CB)で純増は約110枚だ。

リール窓左側の「演歌」ランプが点灯すればボーナス確定となる完全告知機だが、その他の演出もシンプルにアツいものが多く採用されている。メイン役のウグイス成立時は(ボーナスと同時当選する可能性あり)、各ストップボタン操作時にウグイスの鳴き声が発生し「ホーホケキョ」と最後まで続けば、告知ランプが点灯してボーナス確定だ。また、拍手の音が発生した後に観客の歓声が聞こえればボーナス確定だ。ちなみに拍手の音は大きければハイチャンス。なお、ボーナス後の10G間は、(リプレイ確率の変動などはなく純粋に演出が変わるだけのものだが) 曲が終わった直後の状態だけに「アンコールタイム」となっており、ここで「アンコール」の声がかかれば、もちろんボーナス確定。インタビュー映像が流れればBIG確定だぞ!

ということで、パチスロ経験の少ない方でも気軽に楽しめる仕様となっているが、上級者にも腕の見せ所は用意されている。CB中は左リールが押した位置でそのまま停止するリール制御となっており、チェリーとウグイスを同時に獲得すると12枚の払い出しを受けられる。これを利用して140枚の払い出しきっかりで最終ゲームを迎えられるように挑戦しよう。また、通常時のリール制御も、なかなか凝ったつくりになっているので、いろいろな位置を押してみて楽しもう!

『ミュージックボックス五木ひろし』の公演は、ゴールデンウィークが明けた5月12日より!

このニュースの関連URL:機種図鑑:ミュージックボックス五木ひろし
このニュースの関連URL:JPS



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る