> > ハリウッド最高の大ヒットムービー「バックトゥザフューチャー」がついにパチンコ台になった!
ニュース
新機種発表
ハリウッド最高の大ヒットムービー「バックトゥザフューチャー」がついにパチンコ台になった!
サミー

CRバックトゥザフューチャー
ハリウッド最高の大ヒットムービー作品のひとつ・・・「Back to the future(バックトゥザフューチャー)」がついに、パチンコ台になった。開発、発表したのはタイアップものでは定評のあるサミー株式会社。

シリーズ3部作はどれも大ヒット。マイケルJフォックスの出世作でもあり、巨匠スピルバーグのSFファンタジーの代表作としても有名だ。今回はしかも、シリーズ3部作の全てがゲーム演出に取り入れられているために、映画ファンなら垂涎のデキに仕上がっている。

1955年でのストーリーを軸に、2作目は2015年、3作目の1885年の世界へと、縦横無尽に展開されるゲーム演出はハラハラドキドキ。映画顔負けのスリルと感動が味わえる。

スペツクは・・・・

★確率 1/315.1

★確変率 63.5%(2R確変ふくむ)

★時短 非確変大当り終了後100回

★15R or 2R

確変後に時短サービスはないが、その分、初当たり確率と確変継続率が高めに設定されている。

打ち始めれば、すぐに広がる映画の世界観に圧倒されるような気がするゲーム演出は、原作からの実写映像がふんだんに使われている。

「ホバーボートリーチ」「対決タネンリーチ」「ロレイン脱出リーチ」「ハイウェィリーチ」「機関車リーチ」などは、シリーズ3部作の中の名場面から作られている。圧巻は、主人公のマーティが、タイムトラベルのパラドックスのために、消滅する危機を描いた「消滅危機リーチ」と、ドクが大活躍する一作目のクライマックスシーンの「時計台落雷リーチ」だ。これらは、まるっきり映画を見ていると同じかそれ以上の迫力。

使用されている音楽も、「パワーオブラブ」など往年の大ヒット曲がそのまま使われ、大当たり中もとても楽しい。まさにタイアップ機種の見本のような出来栄えとなっている。

従来機種にはまったく見られなかった斬新な役物の「9桁の7セグデジタルパネル」が、せり上がってきたらエンジン全開の大チャンス。時空を走るデロリアンをモチーフに期待感も加速していく。ホール登場の楽しみも加速するのだ。デビューの日は5月中旬の予定。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CRバックトゥザフューチャー
このニュースの関連URL:サミー




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る