> > スロマニアをアッと言わせた大繁盛本舗の後継機的マシンが、ついに5号機に登場!
ニュース
新機種発表
スロマニアをアッと言わせた大繁盛本舗の後継機的マシンが、ついに5号機に登場!
オーイズミ

大繁盛本舗〜江戸バージョン
『元祖ハネスロ』、『ギャラクシーウィング』など2リール+αの斬新な設計で世を賑わせてきたオーイズミから、待望の3リールマシンが登場! その名も『大繁盛本舗〜江戸バージョン』。そう、4号機時代にその画期的なゲーム性でスロマニアをアッと言わせた大繁盛本舗の後継機的マシンが、ついに5号機に登場となったのである。

前作を打ったことがあるプレイヤーなら気になると思われるのが、やはりなんといっても液晶演出……であろう。正直に言わせて貰うと、今回も実に「意味不明」(笑)。連続演出が成功したように見えても確定画面にすら行かずに通常画面に戻り、さらにボーナスが成立していたりしていなかったり。RT中なのにも拘わらず画面が通常に戻ったりとその破天荒ぶりは今作でも健在。しかしながらそれがただ滅茶苦茶……というのであれば前作の人気があるはずもなく、やはりそこに隠された「とある法則性」を見つけだすことが本機の楽しみの一つなのはいうまでもないだろう。リールを作らせればエルレボリューション、液晶を作らせれば大繁盛本舗……と、ファン&マニアを常に唸らせるその開発力の高さに脱帽……といった感じである。
さらにゲーム性に関しても一捻りが加えられており、左リールと右リール、両リールに並べられた払い出しのあるチェリーの存在が、ボーナスとRT突入の両方に期待を持たせるというシステム。状況によってどちらのリールにどのチェリーを狙うか……こういったことを考えながら打ち、さらに各所に用意された目押しによる技術介入要素。まさにプレイヤーの「スロ力」を問うマシンであるとも言えるであろう。

真のパチスロ好きならぜひとも打って欲しい1台である本機。ホール登場は6月2日と少し先だが、機種ページの役払い表とRTゲーム数、そして配列と睨めっこしながら、新装初日から「最もトクする手順」を自分なりに考えつつ、待ち望んで頂きたい。

どの手順で打てば財布の中を繁盛させられるか、そしてその手順を信じるかどうかは……あなた次第だ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:大繁盛本舗〜江戸バージョン
このニュースの関連URL:オーイズミ




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る