> > あの仕事人がパワーアップ!・・・『ぱちんこ必殺仕事人III桜バージョン』登場!
ニュース
新機種発表
あの仕事人がパワーアップ!・・・『ぱちんこ必殺仕事人III桜バージョン』登場!
京楽

ぱちんこ必殺仕事人III桜バージョン
『冬のソナタ2』がホールで大盛況の京楽から、またまたアツいあの機種がカムバック! とはいっても、現在でも『冬のソナタ2』に並ぶ人気機種の『必殺仕事人』がリニューアルされての登場となる。

その名も『ぱちんこ必殺仕事人III桜バージョン』。基本的なゲージやスペックはほぼ同じだが、細かい点でいくつかの改良がなされ、ゲーム演出が多彩になった。

主な変更点としては、電チューとヘソの入賞が別に記憶される保留8個方式の採用により、確変中の2R確変当たりが軽減された(電チュー入賞14.0% ヘソ入賞24.8%)こと。

さらに、大きく変化したのはゲーム演出。基本的な予告やリーチのアクションは前作を踏襲しているが、より一層プレイヤーの心をわくわくさせる演出が追加された。

【連続すべり予告】
思わず息を飲むような「連続すべり予告」は『冬ソナ2』に続いて搭載。右図柄がスベリ、特殊な「実写主永図柄」が中央に現れ「行くぜ!」のかけ声が響く。最高4回まで連続し、もちろん回数が多いほど期待度がアップ。5回すべったら……

【赤障子予告/赤障子ギミック〜稲妻閃光予告】
リーチ後に閉まる障子が赤ならチャンスとなるが、障子ギミックが閉まり轟音と同時に閃光が×の稲妻のように駆け巡れば、期待度は50%オーバーの激アツ予告となる。

【豪剣振動予告/桜豪剣フラッシュ予告】リーチ成立後に振動する豪剣が成立前に発動すると、豪剣フラッシュ予告へ発展するチャンスとなる。また、豪剣フラッシュ時に画面に桜が舞えば、「桜バージョン」の名にふさわしく期待度が大幅にアップ!

【新搭載〜モード演出】
新たに加わったのが、華麗な糸さばきの三味線屋勇次が中心となる「勇次桟橋モード」と、前作同様に見回りをさぼって釣りに興じる昼行灯の主永が中心のコミカルな「主永釣りモード」のふたつ。

他にも、かんざしリーチ発展後に「泥棒が 赤・紫・ゼブラ・豹柄 と全柄集合」、勇次リーチの屋根の上から歴代キャラの応援など、新しいプレミアアクションも搭載されている。

マニアックな法則がてんこ盛りだった前作『ぱちんこ必殺仕事人III』も設置から1年以上経過し、『仕事人III』はすでに極めた!というファンも少なくない中、新たに登場した「桜バージョン」はまた、マニアの心をくすぐること間違いなしだ。

全国のホール登場は、2008年5月26日の予定。Vを打ち慣れた人も、まだ打ったことがない人も、共に楽しめる機種に仕上がっている京楽の渾身の自信作といえよう。

このニュースの関連URL:機種図鑑:ぱちんこ必殺仕事人III桜バージョン
このニュースの関連URL:京楽




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る