> > 初級者でも攻略可能なハイスペック機『ミッション・イン・ポッシブー』が発表!
ニュース
新機種発表
初級者でも攻略可能なハイスペック機『ミッション・イン・ポッシブー』が発表!
マツヤ商会

ミッション・イン・ポッシブー
設定6で機械割115%、設定5でも111%と破格のスペックを誇る『ミッション・イン・ポッシブー』が、マツヤ商会の5号機第2弾として発表された。

昨今のハイスペック機といえば、RTやチャンスゾーンのパンクを回避するための目押しが必要だったりと、上級者向けコンセプトの機種ばかりだったが、この『ミッション・イン・ポッシブー』は、ボーナスと100Gの完走型RTのみで出玉を増やしていくタイプ。RTの途中でボーナスを揃えてしまわなければ、誰でも簡単に破格のスペックを引き出せる……いや、うっかり揃えてしまっても十二分なスペックといえよう。

ボーナスは3種類。赤7揃いのBIGは純増約330枚。「赤7・白7・白7」揃いのBIGは純増約140枚。青色のMISSION図柄揃いはREGで純増約36枚だ。このREGの後が、お楽しみの100G完走型RT。このRT中は1Gあたり平均0.65枚の純増となっており、完走させればREGのコインと合わせて約100枚。これに途中で引いたボーナス分が上乗せされることとなる。

REGからのRT中に赤7を引いた場合は約430枚。これだけ見るとハイスペックな割に一発が小さいように思えるかもしれないが、裏を返せばそれだけボーナス確率や通常時のベースが優秀ということ。プレミアム的な一発役がない分だけ、安定して機械割110%以上の能力を発揮してくれることだろう。

ちなみに、初級者でも攻略可能というのは、RTがパンク回避型でないだけではない。通常時は『ニューダイナマイトキッズ』にも搭載されていたデジタルで、明快にボーナスを告知してくれる。また、RT中にボーナスが成立した場合もWINランプが点灯してくれるので、ボーナスを揃えないように気を配るのも他機種より簡単なのだ。

もちろん、単に初級者向け機種というつもりは毛頭ない。異様なスベリや出目でボーナスとの同時当選を確信できる変則打ち手順など、マニアならではの楽しめる要素も用意されてある。

スペック良し・初級者でも対応可能・明快痛快な告知・マニアな手順……そんな何拍子も揃った『ミッション・イン・ポッシブー』の導入は、7月14日からだ!

このニュースの関連URL:機種図鑑:ミッション・イン・ポッシブー
このニュースの関連URL:マツヤ商会




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る