> > 今度の歌モノは「小林幸子」・・・華麗なる世界のデビュー
ニュース
新機種発表
今度の歌モノは「小林幸子」・・・華麗なる世界のデビュー
ニューギン

CR華麗なる小林幸子の世界
大晦日といえば、紅白歌合戦。紅白歌合戦といえば、小林幸子。いまや、国民的風物詩のひとつにもなった超大物演歌歌手・小林幸子がついにパチンコ台となってデビュー。

発売元はニューギン。アンルイス、郷ひろみと同社の「モード移行演出搭載 歌モノシリーズ」の最終章となる。2008年6月6日、先行発表会が行われた、東京恵比寿ガーデンプレイスには、全国からたくさんのホール関係者、マスコミが集まった。

発表会では、まず同社の笹本教光常務取締役による挨拶が行われ、その後、研究開発(東京開発部)部長の大住信雄氏より、開発コンセプトなどを含めた機種紹介が行われた。

それによれば、歌モノモード移行システム三部作の大トリとして、たっぷり時間をかけて開発したとのこと。モードごとのゲームフローは長時間遊技をしても飽きないようにつくり、ファンタジックイルミネーションシステム搭載の新枠KAZEは、液晶、サウンドともに自信の出来という。

その後、舞台の左右から「小林幸子」が登場・・・・左右からというのも、実は両方とも小林幸子のそっくりさん!そして中央からは、本物の小林幸子さんが名曲「もしかして」の歌とともに登場。歌の終盤には、あれよあれよという間に、シーリング近くまで上昇。まるでイリュージョンの会場にいるかのような錯覚を覚えた。

トークでは、「芸能生活45周年をむかえ、こんな節目に長い時間をかけて素晴らしいパチンコ台ができました。打ってみたら、感激、感動・・・思わず夢中になってしまいました。」と、ご自身も時々ホールに出向くパチンカーらしい感想を語ってくれた。

最後に「小林幸子の幸子は幸せの幸子・・・この台で幸せをお届けします。」と語り、メガヒット曲「おもいで酒」を披露してくれた。

気になる演出面では、小林幸子さんの全面協力により、紅白未発表を含む3大衣装「伝説のペガサス・奇跡の孔雀・幻のアテネの女神」が夢の競演。もちろん、「おもいで酒」「雪椿」「もしかして」など7曲がフィーチャー。歌モノらしい雰囲気に仕上がっている。

しかも、ニューギンらしい「モード移行システム」がより進化。モード移行の契機がふえ、いつでも確変の期待が高まる。また、サプライズ確変当りの「ジャンプアップボーナス」も健在。リーチは何といっても実写映像をふんだんに使った名曲スーパーリーチがアツい。昇格演出も多彩で、打てば打つほど深みを感じられるだろう。

今回発表されたスペックは2つで、

★1/309 63%確変のM-T
★1/368 69%確変のM2-T

比較的おだやかなM-Tもいいが、777@niftyとしては爆発力のあるM2-Tがむしろおススメだ。ガンガン続く確変に夢も広がるはず。

全国のホール登場は、7月14日の予定。旧来からのファンのみならず若い世代にも受けいれらるゲームフロー搭載だけに、ホールデビューがとても楽しみだ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CR華麗なる小林幸子の世界
このニュースの関連URL:ニューギン



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る