> > MAX448枚のBIGを誇る完全告知機『スーパールーレット』が発表
ニュース
新機種発表
MAX448枚のBIGを誇る完全告知機『スーパールーレット』が発表
NATURE・ASSESSMENT

スーパールーレット
ネイチャーアセスメントより、MAX448枚のBIGが魅力の『スーパールーレット』が発表された。25φと30φともに仕様は同じとなっており、初心者も安心して打てる完全告知機だ。

その告知の瞬間がアツいのだが、それを説明するためにはまずこれから。ボーナスは4種類で、獲得枚数は違えど内部的にはすべてBIGとなっている。「赤7・赤7・赤7」揃いは純増MAX448枚。「赤7・赤7・黒7」揃いは純増MAX273枚。「黒7・赤7・赤7」揃いは純増MAX182枚。「黒7・赤7・黒7」揃いは純増MAX91枚。

これを聞くとMAX448枚のBIGだけ確率が低いと思ってしまいそうだが、各ボーナスの比率は全て同じ(1:1:1:1)とのこと。引けないMAX448枚ではなさそうだ。また、赤7と黒7は近くに配置されているので、初心者の人も戸惑うことはないハズだし、上級者ならずとも一発で揃えることが可能だろう。

そんな上級者でも −MAX448枚のBIGが引ける確率であるだけに− 祈るような気持ちで眺めてしまうのが本機のボーナス種別告知。筐体上部にあるカジノを思わせるようなルーレットに光が走ればチャンス。最終的に「×」で止まれば残念。数字で止まれば、その獲得枚数が得られるBIGとなる。至ってシンプルな告知だが、光の走り方は回転方向や速度などの変化が10種類以上あり、パターンによって信頼度が異なるようだ。ちなみに、実戦ではどこにもランプが点らないケースも1回確認されたが、それもボーナスが成立していたぞ!

告知以外の出目だが、青リプレイ揃い(右リール赤リプレイのものはNG)がチャンス役となっている。また、左リールにボーナス絵柄以外を押していれば、リーチ目が出てハッとさせられることも。CB非搭載・RT非搭載ということで、1000円あたりの回転数も優秀。そんなまったりとした瞬間の中でルーレット始動待ちする「だけ」のゲーム性ではないことも付け加えておこう。

ボーナス確定時の「ジリリリリリン」という告知音は、ベテランスロッターならグッとくるハズ。そんなMAX448枚と完全告知機だけでは語りきれない『スーパールーレット』の登場は、7月14日からだ!

このニュースの関連URL:機種図鑑:スーパールーレット
このニュースの関連URL:NATURE・ASSESSMENT




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る