> > 業界初!リールが消える!?…新ぱちスロ 『バチヘビノッチ』誕生!!
ニュース
新機種発表
業界初!リールが消える!?…新ぱちスロ 『バチヘビノッチ』誕生!!
アルゼ

バチヘビノッチ
5号機界の一つのジャンルとしてすでに確立されたとも言えるアルゼの7リールマシン。これまでは、『ゲッターマウス7R』や『アレックス7R』のように、4号機時代の過去の名機におけるリールを再現するために用いられてきたものが主だったが、今回同社から発表された『バチヘビノッチ』は、この7リールを最大限に演出用として活かした新基準の「ぱちスロ」として成り立っている。

『バチヘビノッチ』…、少々聞きなれないタイトルであるが、「バチヘビ」とは東北地方の方言で「ツチノコ」のこと。本機では、ツチノコを探す「ハカセ」がツチノコを模した「メカノッチ」を使い、ツチノコの「ノッチ」を見つけ出すというストーリーのもとに演出が展開される。

さて、その演出についてだが、本機における特徴であるマジカルリールによる演出は、パチンコとパチスロの良いとこ取り……といったところか。配列上はパチスロとして成り立つ形になっているものの、いざリールが動き出せば数々のアクションがプレイヤーを魅了。振動したり逆回転したり再始動したり……初めてそれを目にした者を、必ずや虜にする演出はまさに必見!
もちろんリールの動きだけでなく、そこに描かれた絵柄にもそれぞれ深い意味合いが存在し、出現図柄の組合せや上部4thリールとの絡みによって、パチスロ的な楽しみも持たせてくれているのである。

演出に一喜一憂しつつのんびり楽しむ……そう聞くとライトユーザー向けと思われがちだが、5号機初の「6段階設定」を起用したこと、そして次回ボーナスまで継続型のRTを設けていることによる出玉のメリハリも魅力の一つ。
BIG中のJACイン時に、巨大絵柄である「デカヘビノッチ」を狙い、見事揃えば次回までのRTが確定するこのゲーム性は、打つ者を中毒にすること必至だ!

ホール導入は8月11日と少々先だが、先に発表された『ゲッターロボ』に続くアルゼ渾身の新機種……注目せずにはいられない!

このニュースの関連URL:機種図鑑:バチヘビノッチ
このニュースの関連URL:アルゼ




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る