> > ループ式RTタイプで機械割115% 『ゲッターロボ』を発表!
ニュース
新機種発表
ループ式RTタイプで機械割115% 『ゲッターロボ』を発表!
エレコ

ゲッターロボ
難しい目押しを必要としないループ式RTタイプ……多くのプレイヤーに親しまれるゲーム性ではあるが、なかなか目押しを必要とするハイスペック機と互した出玉を誇る機種は出てきていない。

そんな現状を打破してくれる機種が、エレコから発表された『ゲッターロボ』だ。設定Hは1/150を切るボーナス確率で、機械割115%超え! さらに、新たに書きおこされた美しい液晶演出の数々、ドラゴンボールZ主題歌でもお馴染み、影山ヒロノブさんによる唄と、原作やそれを含むアニメ・ゲームなどの世界観をも楽しむことができる。なんとも贅沢なマシンといえよう。

気になるパチスロ機としての中味だが、まずボーナスは4種類。赤7揃い・青7揃い・黄色絵柄揃いの3種類がBIGで純増はMAX311枚。G絵柄揃いはチャレンジボーナスで純増104枚。いずれのボーナス後も、RT突入のチャンスゾーンから開始される。

そのチャンスゾーン中は、「BIG絵柄・ベル・ベル」の特殊8枚役が揃うと33GのRTが開始されることになる。左リールには3つのBIG絵柄があるが、成立していればどれを押しても揃ってくれるのでご安心あれ。左リールから押していれば、目押しをせずとも揃ってくれるぞ。

悠長なことを言っていると思われるかもしれないが、そこは破格のスペックを誇る本機。高設定をつかんでしまえばボーナスがポコポコと当たるハズ。高設定を見込みやすい導入当初は、深いことを気にせずガンガン打つことをオススメする。ボーナス開始時のセリフの違いなど、設定推測要素も多く用意されているので、まずはそこに気を配るようにしよう!

さて、そのRTのスペックだが、ボーナス後以外にも、33GのRT終了後、そして通常ゲーム(111Gか333G)消化後に移行するチャンスゾーンが突入のチャンスとなっている。液晶画面では必ずチャンスゾーンを示唆する背景となるので見逃すことはないハズ。このチャンスゾーンからRTに突入する確率は約50%。RT中は1Gあたり約0.4枚増と、微妙にコインを増やしながらボーナスを待つタイプとなっている。

チャンスゾーンで1/2のどちらに転ぶかというゲーム性を楽しみつつ、ボーナスのヒキで勝敗を決する。それでいて高設定は破壊力抜群……そんな『ゲッターロボ』の登場は7月22日からだ!

このニュースの関連URL:機種図鑑:ゲッターロボ
このニュースの関連URL:アルゼ




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る