> > 期待のシリーズ3作目『CR暴れん坊将軍3』が藤商事より登場!
ニュース
新機種発表
期待のシリーズ3作目『CR暴れん坊将軍3』が藤商事より登場!
藤商事

CR暴れん坊将軍3
「余の顔を見忘れたか!」の台詞でお馴染・暴れん坊将軍シリーズを手がける藤商事より『CR暴れん坊将軍3』が2年ぶりにパワーアップして帰ってきた。

暴れん坊将軍に関してはもはや語るまでもない、松平健扮する徳田新之助(徳川幕府八代将軍 徳川吉宗)が世にはこびる悪を斬るという明快なストーリーで人気の長寿時代劇。皆が待ちわびたシリーズ3作目となる本機の発表会が、8月27日に東京ドームホテルにて開催された。

本機のリリースにあたって開発コンセプトとして語られたのは、「1.暴れん坊将軍の世界観を最大限に引き出す演出(5つの実写ストーリーリーチ)」「2.激アツの家紋役物を中心としたシリーズ最大級の役物搭載」の2点。
これに加え「灼熱のトライアングル」と名付けられた以下のポイントがゲーム性を引き上げる仕掛けとなっている。

1.暴れん坊実写殺陣リーチ…
 …超・決め台詞予告からの発展期待がもてる本機最高の実写系激アツリーチ。弱い予告からの発展も!?

2.将軍チャンス目
 …「暴・将・軍」の出目から突入する暴れん坊チャンスや、センター図柄に「斬撃」が停止して突入する真・斬撃で大当たりの接近を体感! 盤面右上の2Rランプの点灯をチェックをしよう。

3.連続暴れん坊予告
 …すべり予告を含むこの「連続暴れん坊予告」は、発展して「超すべり予告」へ。上様が刀を抜けば超チャンスだ!

また、気になるスペックだが、今回発表されたのは前作フルスペックで話題をよんだ『ジュラシックパーク』から一転、『ヤマト』や『鞍馬天狗』でメインとして扱われたミドルスペックであるFPH(大当り確率:1/307.68の1 確変突入率:62.5%)の1スペックとなっている。

発表会後半では、時代劇に姫役として登場している元東京パフォーマンスドールの高野萌丹花(もにか)さんが応援に駆けつけ、オリジナル演出を撮りおろした際の映像撮影エピソードや魅力を語るなど、本機の発表に華を添えた。


実際のホールへの導入開始は9月29日を予定。「余の顔を見忘れたか!」・・・いえいえ、忘れるわけもない。むしろ待ち焦がれた期待シリーズの新作『CR暴れん坊将軍3』の登場を心して待とう。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CR暴れん坊将軍3
このニュースの関連URL:藤商事



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る