> > SANYOより『逆境ナイン』が発表
ニュース
新機種発表
SANYOより『逆境ナイン』が発表
三洋物産

逆境ナイン
『CR大海物語スペシャル』の大ヒットで勢いに乗るSANYOより、パチスロ『逆境ナイン』が発表された。

本機は「月刊少年キャプテン(徳間書房)」にて、1989年から1991年まで連載された同名の漫画がモチーフ。廃部を言い渡された全力学園野球部が様々な逆境に立ち向かって甲子園優勝を目指すスポ魂的な要素と、時としてナンセンスな展開となるギャグ漫画的な要素が絡み合うことで人気を博し、のちに映画化された作品だ。

そのパチスロ機としての中身だが、まずボーナスは3種類。赤7揃いはBIGで純増約300枚。「赤7・赤7・青7」のレギュラーボーナス(内部的にはBIG扱い)は純増約104枚。「赤7・赤7・白7」はチャレンジボーナスで、純増MAX208枚となっている。

これらのボーナス終了後は、全力タイムと名付けられたRTのチャンスゾーン(以下、CZ)から開始される。このCZ中は、2種類の1枚役と5枚役(ミット・ミット・7)を引くと終了。その前にリプレイが成立すれば、晴れてRTに突入する。なお、赤7BIG終了後のRT突入率は約80%。それ以外のボーナス後は60%強だ。

また、RT終了後もCZから開始されるのでRTがループする期待大。このRT終了後のループ率も60%を上回るので、これをいかに継続させていくかが勝利へのポイントとなろう。

そのRT(全力タイム)は、15Gが1セットで1Gあたりの純増枚数は0.4枚と小粒なもの。ただし、破格のループ率を誇るだけでなく、ボーナス合成確率自体も1/166(設定6)と高めに設計されている。さらに、1枚役や5枚役からの陥落後も約150Gで再度CZに突入してくれる(RT突入率・ループ率は60%強)ので、チャンスは多く用意されていることもお忘れなく。

RTとボーナスの連鎖で109点差をひっくり返せ!? 『逆境ナイン』の登場は10月6日より。

このニュースの関連URL:機種図鑑:逆境ナイン
このニュースの関連URL:三洋物産




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る