> > 『CR新くのいち忍法帳』極められた華麗な技が乱舞する・・・高尾よりリリース
ニュース
新機種発表
『CR新くのいち忍法帳』極められた華麗な技が乱舞する・・・高尾よりリリース
高尾

CR新くのいち忍法帳
株式会社高尾のスマッシュヒット機『くのいち忍法帳』から長い歳月を経て、再登場したのが『CR新くのいち忍法帳SZF/SXF/SHDV』。

オリジナルキャラ「伊賀のぼたん」と「華の三人衆」という4人のくのいち(女性忍者)が、可愛らしくも、スリリングに活躍するパチンコ台だ。

最近の高尾が発表する機種は、派手で凝った演出が多いが、本作はその流れをくんでいる。

盤面に配置された閃光牡丹役物、予告やリーチ演出で左右から開閉する胡蝶巻物、くのいちランプらが派手にゲームを盛り上げる。

また、本機種の特徴は、高い確変継続率にある。
●SZF→75%
●SXF→68%
●SHDV→68%

それぞれ極めて高い継続率(2R確変含む)を誇る。しかも、その確変のうち電チューサポートのつかない潜伏する2R確変の比率が25〜33%もあり、それがモード移行演出とマッチして絶妙な連チャンバランスを生んでいる。

表面上は、確変かどうかわかりにくいため、プレイヤーはモード移行演出がそのまま、ハラハラドキドキにつながるのだ。しかも、時短を抜けてしまうこともあるため、ゲームのかなりの部分で、高確率の期待をもってプレイすることができる。

特に、2R確変を含むとはいえ、75%の超高確率で確変がループしていくSZFは、展開によってはドル箱タワー〜出玉大爆発も十分期待できる。

ゲージ構成も甘めで、性能のいいステージも魅力のひとつで、ホールの調整しだいでは、回転数の高い、勝ちやすい台を見つけることも出来るはずだ。

高尾ではすっかりお馴染みの「ひよこ」やオリジナルキャラの「メーメーメー」、「占星少女ななみ」などが出現すれば、プレミア当りという演出もうれしい。

スペックは大当り確率と確変継続率が違う、フルタイプ、ミドル、羽根デジタイプの3つがあるので、その時の気分とお財布の具合に合わせて、打つ台をチョイスしよう。

しかし当サイトのおススメは、爆発力の高いSZFなので、資金に余裕がある時は是非これに挑戦していただきたい。

全国のホールへ登場するのは最速で10月20日の予定。『CR新くのいち忍法帳』の活躍に期待しよう。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CR新くのいち忍法帳
このニュースの関連URL:高尾




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る