> > ハリウッドアニメの超大作「オープンシーズン」がパチンコ台でデビュー
ニュース
新機種発表
ハリウッドアニメの超大作「オープンシーズン」がパチンコ台でデビュー
三洋物産

CRオープン・シーズン
『海物語』シリーズが絶好調のSANYOから、期待の新機種が発表になった。2006年に世界中を笑いと感動の渦に巻き込んだアニメーションの大作「オープンシーズン」がモチーフの台だ。

もともと「オープンシーズン」とは狩猟解禁日のこと。主人公のクマのブースは、パークレンジャーのベスに育てられた甘えん坊。ある日、シカのエリオットと出会ったことから、のんきなブーグの生活は一遍してしまう。

人間に育てられたために自然を知らないブークが、体験する数々の出来事はアニメならではの楽しさにあふれている。オープンシーズン(狩猟解禁日)まで、数日に迫りつつある森で、ブーグは仲間とともにハンターと戦う決意をする・・・。そんな笑いと感動にあふれた素晴らしい作品だ。

新台『CRオープン・シーズン』の特徴はそんなアニメの世界観をうまく取り入れた予告やリーチ演出。主人公のブーグ、エリオット、ラビッツやマックスといった劇中の動物たちが、様々な場面で活躍する。

さらに、上部の看板状の「解禁ギミック」や飛び出る「ダムギミック」、「オープンシーズンギミック」という3つの役物が、アニメの世界観をうまく再現し、演出を盛り上げてくれる。

スペック面で、特徴的ことは、SANYOの機種ではあまり見られなかった、潜伏の2R確変を搭載していること。通常画面から背景が湖に変化し、「ハンター警戒ゾーン」になれば、高確率のチャンスとなる。電チューサポートはつかない時もあるために、高確率か通常かのスリルが味わえる。湖に大音量アラームが鳴り響けば、高確率確定などの演出もあり、ハラハラドキドキが楽しめるはずだ。

軽快なタッチが心地よいボタン演出や、映画さながらのストーリーリーチなど、プレイヤーが楽しく遊技できる工夫が随所に盛り込まれている。とくに、ベスがブーグを迎えに森にやってくる映画のハイライトシーンの「感動の再会リーチ」は感涙もの。映画を見たことがない人でも心を揺り動かされるはずだ。

「オープンシーズン」の感動アドベンチャーがパチンコで蘇る日は10月27日の予定。映画を知らない人はレンタルしてあらかじめ見ておけば、打つ楽しさも倍増かも。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CRオープン・シーズン
このニュースの関連URL:三洋物産




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る