> > 高尾からデビューの新機種は、驚愕のバトルタイプ『CRブルースリー GAME OF DEATH』
ニュース
新機種発表
高尾からデビューの新機種は、驚愕のバトルタイプ『CRブルースリー GAME OF DEATH』
高尾

CRブルースリー GAME OF DEATH
各社から続々とバトルスペックが発表になる中、老舗メーカーの高尾からもマックスバトルタイプの新機種が発表になった。

本格的な冬の到来を感じさせる寒さの11月11日。東京上野の「ピー・プレイヤーズ・カフェ」で開催された新機種プレス発表会には、各地から多くのメディア関係者が集まった。

新機種は、あの伝説のアクションスター「ブルース・リー」とのタイアップ。「燃えよドラゴン」などドラゴンシリーズの映画はいまだに、熱狂的なファンが大勢いる。

ブルース・リーは、カンフーの達人であるが、32歳という若さで夭逝し、その謎の死とともに伝説と化した香港映画界最大のアクションスター。今日の映画界やカンフーアクションに与えた影響はとてつもなく大きい。

今回は、老舗の高尾の総力をあげて、そんな謎めいた伝説のスターにふさわしいゲーム性とスペックを持つ機種に仕上げてきた。

プレス発表会では、まず内ヶ島代表取締役から挨拶があった。「【映画・燃えよドラゴン】公開から35年という節目にこのような機種が発表できたことを嬉しく思います。」との挨拶に続き、開発に関わる秘話なども紹介された。それによれば、映画「死亡遊戯」のテイストを最大限取り入れた演出や先読み機能、ブルース・リーが勝ち続ければ15Rが継続するマックスバトルタイプとなっているとのこと。

続いて、特別ゲストとして、ブルース・リーの大ファンのタレント「なべやかん」さんが登場し、ブルース・リーの生誕の地を訪ねたエピソードなどが紹介された。さらに兄弟子ということで、パチンコファンのグレート義太夫さんも登場して楽しいトークが展開された。

トークの最後には、熱狂的なブルース・リーファンのロックバンド「BLUEV」のBABY佐々木さんが登場。持参したヌンチャクは、映画で使用されたものの完全レプリカ。さらに、なべやかんさんからは、ブルース・リーのデスマスクが披露され、その後、BABAY佐々木さんのプロ顔負けの高速ヌンチャクの技が炸裂!そして3人による熱いファントークが延々と繰り広げられた。

ゲーム性としては、「スパイダーマン」で、お馴染みになったモード移行演出による期待感のアップ。さらにリーチ演出は、格闘系リーチとして、「玄武・朱雀・青龍・死亡遊戯」と多彩な演出が特徴だ。とりわけ盤面に配置されたヌンチャク役物は実寸大で、リアリティにあふれている。

「この世で最大の勝利は自分に勝つことである」・・・ブルース・リーの名言であるが、そんなカッコいいヒーローにぴったりの、新機種『CRブルースリー GAME OF DEATH』 は12月7日に先行販売される予定。師走のホールに、あの「ホワチャァ〜」の雄叫びが響く日も近い!

このニュースの関連URL:機種図鑑:CRブルースリー GAME OF DEATH
このニュースの関連URL:高尾



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る