> > この冬、最大の注目機種『ウルトラマン・ザ・スロット』が発表!
ニュース
新機種発表
この冬、最大の注目機種『ウルトラマン・ザ・スロット』が発表!
山佐

ウルトラマン・ザ・スロット
2008年のパチスロ界をリードし続ける山佐から、またもビッグタイトルが登場する。この名前を知らない人はいないだろう。特撮ヒーローの代名詞とも言える『ウルトラマン』だ。

本機も山佐のお家芸となりつつある、アシストリプレイタイム(以下、ART)がメインとなるゲーム性。ただ『キン肉マン』や『バイオハザード』と異なり、押し順ナビに従ってプレイすればOKと非常に簡単。幅広い世代に愛され続けているキャラクターがモチーフなだけあって、目押しに自信のない人にもオススメできる内容となっている。

ARTの突入は、主にボーナス終了後。ボーナスが終了すると、液晶画面は「ウルトラ作戦」に移行する。ここで「紫リプレイ・リプレイ・紫リプレイ」の特殊リプレイが揃えば、40GのARTに突入。「紫リプレイ・リプレイ・リプレイ」や「リプレイ・リプレイ・紫リプレイ」が揃うと通常ゲームに移行してしまう(通常のリプレイ揃いは関係なし)。これが基本的な流れだ。

この「紫リプ・リプ・紫リプ」と「紫リプ・リプ・リプ」「リプ・リプ・紫リプ」は同時に成立しており、押し順が正解なら「紫リプ・リプ・紫リプ」が揃い、不正解ならそれ以外の陥落リプレイが揃う仕組みになっている。


そこでポイントとなるのが、正解の押し順を教えてくれるナビ機能。押し順ナビは、ボーナス成立時やボーナス中に獲得抽選が行なわれる。ボーナスは3種類あり、その種類ごとに獲得抽選の方法が異なっている。

赤7揃いのBIG(純増平均259枚)は、逆押しナビが発生したら右リールからボーナス絵柄を狙ってみよう。見事に揃えばナビポイント獲得確定。一度に得られるナビポイントは1つとは限らないし、BIG中にボーナス絵柄が揃うたびに上乗せされていくので、1回のBIGからARTが大連チャンすることも!

青7揃いのBIG(純増平均253枚)は、押し順を当てるタイプとなっている。液晶上に「???」が出たら、勘に任せてストップボタンを押してみよう。ベルがダブルラインで揃って10枚が払い出されれば成功。シングルラインで揃って5枚の払い出しとなったら失敗だ。押し順が正解すると、液晶左上のウルトラゲージが上昇し、貯まれば貯まるほどナビポイント獲得の期待度がアップ(ゲージMAXで獲得確定)するぞ! なお、押し順を当てる液晶は「1??」や「?1?」のように止めるリールを教えてくれることもある。そういったチャンスを逃さないようにしよう。

BAR(ゼットン絵柄)揃いのゼットンボーナス(純増56枚)は、液晶でのウルトラマンvsゼットンの死闘に注目。ゼットンを倒せばナビポイントを一挙に複数獲得となる。ボーナス成立時の状態がカギを握る!?


ナビを獲得すると「ウルトラ作戦」で特殊リプレイが成立した際に、ARTに突入する押し順をナビしてくれるようになる。ARTは1Gあたり約1.0枚の純増が見込め、40Gを消化するかボーナス成立まで継続。また、ART中にミッションが発生したら(発生しないこともある)、自力でARTの連チャンを伸ばせるチャンス。「15ゲームでベルを3回揃えろ」などのミッションをクリアすれば、ナビポイントを獲得できるぞ!

ART中も、押し順ナビに従って消化すればOKと至って簡単。ART終了後は再び「ウルトラ作戦」から開始されるので、ナビポイントが貯まっていれば、即座にARTが連チャンしてくれる。このスピード感、ARTとボーナスの連鎖こそが、本機最大の魅力と言えよう。

なお、この大注目機種『ウルトラマン・ザ・スロット』をいち早く先行体験できるイベントが開催される。
開催日、開催場所は下記の通りだ。事前登録も入場料も必要ないイベントなので、ファンならずとも要チェック!

【概要】
日時:2008年11月22日(土) 12時〜16時

場所:六本木ヒルズアリーナ

内容:新機種「ウルトラマン・ザ・スロット」先行体験
   ウルトラマンショー
   科学特捜隊員によるトークショー(フォトセッションあり)
   豪華賞品が当たる抽選会
  ※事前登録不要、入場料無料および各イベント参加無料

初心者でも山佐のARTを楽しめる。2008年の締めくくりに相応しい『ウルトラマン・ザ・スロット』の導入は、12月8日からだ!

このニュースの関連URL:機種図鑑:ウルトラマン・ザ・スロット
このニュースの関連URL:山佐
このニュースの関連URL:「ウルトラマン・ザ・スロット」先行体験イベント特設ページ
このニュースの関連URL:六本木ヒルズアリーナ




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る