> > 愛と青春のダブルバトル、始まる…『CR交響詩篇エウレカセブン』登場
ニュース
新機種発表
愛と青春のダブルバトル、始まる…『CR交響詩篇エウレカセブン』登場
西陣

CR交響詩篇エウレカセブン
映画化もされた人気アニメ「交響詩篇エウレカセブン」がパチンコ台になって登場した。発売元は、和のテイストに力をいれてきた『元気主義』の株式会社「西陣」。今回は、コンセプトの趣を大きく変えた新機種だ。

12月6日、東京・グランドプリンスホテル赤坂で開催されたプレス発表会には、話題の機種ということもあり、全国各地から多数のメディア関係者が集まった。

モチーフになった「交響詩篇エウレカセブン」は、21世紀の新感覚ロボットアニメーションとして絶大な支持を得ている作品。痛快かつ斬新なロボットアニメでありながら、人間の苦悩や成長を盛り込んだ傑作アニメとして評価も高い。

天才LFO(ライト・ファインディング・オペレーションの略)ライダーで、「物の心が分かる」という神秘的な美少女エウレカが主人公だが、成長していく少年レントンや、その他たくさんの魅力的な登場キャラクターらによりダイナミックなストーリーが展開されている。

発表会では、まず同社の沖真人代表取締役より新機種発表に関する挨拶が行われ、続いて、西陣タイトルの機種開発・製造を行う株式会社ソフィアの鎌田勉研究開発部次長より、「若年層をターゲットにした新しい商品開発の試み」「コンテンツの魅力を最大限に引き出す」「新しい切り口バトルスペック、そして新しいユーザーの掘り起こし」という三つの開発コンセプトや主要演出などの紹介が行われた。

最後に、株式会社西陣 近藤修一取締役営業本部長よりマーケティング計画の概要が発表になった。それによれば、「愛と青春のダブルバトル、始まる」というキャッチコピーのもと、街頭ビジョンでのPV、WEBラジオや各雑誌媒体を通じた広告展開を図っていくとのこと。30秒枠で衛星放送でのCM放映も予定されている。さらにアニメの「聖地」秋葉原においてダイナミックなプロモーション展開も計画されているとのことだ。

発表会の後半では、劇中キャラ「アネモネ」役の声優 小清水亜美さんが特別ゲストとして登場。楽しいトークショーとフォトセッションが行われた。バトル中のセリフを演じた際のエピソードや、アニメ本編では聞き馴染みのない「ドル箱を用意して!」などのセリフが披露され、大きな拍手で会場が沸くなか発表会は幕を閉じた。

さて、気になるスペックは、「初当たり確率 約1/350、継続率80%」とバトルタイプとしては甘めの設定のものと、「約1/400、継続率82%」のMAXタイプの二種類が用意されている。演出面では、「ダブルバトルシステム」による新しいバトル演出や、盤面上部の「ニルヴァーシュ役物」と液晶画面の連動による派手なアクションが痛快。さらに、保留玉の色が変化する「本物連続予告」、高確率の期待が高まる「幻想モード」など、見所が満載だ。

さらに、大当たり中の楽曲も豪華で、「DAYS(FLOW)」「少年ハート(HOME MADE 家族)」「Sakura(NIRGILIS)」などが聞けるのだ。これだけでも、ファンなら涙ものだろう。

「眠っていたアニメファンがホールに津波のように押し寄せる!」との自信と期待を伺わせる本機のホールデビューは、年明け早々の1月5日を予定。2009年のホールでの新しい顔になることを期待しよう!

このニュースの関連URL:機種図鑑:CR交響詩篇エウレカセブン
このニュースの関連URL:西陣




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る