> > このスピード クセになる!ユニークスペックの『CR大激走学園』豊丸産業より登場
ニュース
新機種発表
このスピード クセになる!ユニークスペックの『CR大激走学園』豊丸産業より登場
豊丸産業

CR大激走学園
豊丸から新機種が発表になった。完全オリジナル映像搭載でデビューした『CR大激走学園』は、最近各社から発表されているバトルタイプ。しかし、役物の動きやモード演出の面で、他社とは一線を画している。

80%の継続率を誇る「大激走モード」に入るには、最大3段階のステップがあり、それを見事クリアすると、電チューサポート付きの連チャンモードに突入。いったんここまでくれば、2R通常当たりはなしなので、すべて14Rの実質的な出玉ありの当たりが80%でループするのだ。

しかも、「大激走モード」の消化は右打ちで電チューを狙うのだが、リーチ予告なしでノーマルしか発生しない。そのために、最短だと7秒で次の大当たりがやってくる。且つアタッカーも右側なので、その消化スピードはかなり速い。
同社では「このスピード クセになる!」のキャッチフレーズで大体的に売り込みを計っているが、その言葉どおりの出玉感が得られることは間違いない。

スペックは、約1/400 のマックスタイプと、約1/100 の甘デジタイプの二つが用意された。出玉に違いはあるが、両方とも基本的なゲーム性はほぼ共通しているので、財布の中身と相談しながら選択できる点がうれしい。

気になるゲーム演出は、オリジナル映像とはいえ、豪華なキャスティングが魅力。先生役には「萩原流行」、保健の先生は「矢部美穂」、生徒役に「加々美正史」「木口亜矢」らの有名タレントを起用している。

これら登場人物が、学園を舞台にハチャメチャなアクションを繰り広げる。実写映像をふんだんに使った予告やリーチ演出は、抱腹絶倒間違いなし。あくまでコメディにこだわりぬいた演出は、昨今のお笑いブームに見事にマッチするのではなかろうか。

全国のホールデビューは、年明けの1月19日を予定。『CR大激走学園』は、新春のホールを大激走=賑わす存在になりそうだ。なお、当サイトでは引き続き、「大激走モード」移行への道筋や、出玉アップの「攻略」情報を掲載していく予定なので期待してほしい。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CR大激走学園
このニュースの関連URL:豊丸産業




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る