> > 最新ARTシステムを搭載した『忍魂』が発表!
ニュース
新機種発表
最新ARTシステムを搭載した『忍魂』が発表!
大都技研

忍魂
押せば結果がわかってしまうことの多い5号機にあって、ついにホンモノのアツい連続予兆が帰ってきた! マニアを唸らせる複雑なシステムは、初級者でも簡単に楽しみやすいアシストリプレイタイム(以下、ART)機を作るために……。この『忍魂』は、そんな大都技研の開発力の高さとアツい連続予兆の復活にかける意気込みが感じられる力作だ。

ゲーム性は至って簡単。ベル揃いのチャンス目が出現した後に液晶演出が頻出するとART突入のチャンス。ARTに突入したら、液晶に表示されるボーナス絵柄を左リールに狙うだけ。ボーナス絵柄を狙える程度の目押し力で十二分に1Gあたり約1.5枚増のスペックを引き出すことが可能となる。

いや、誤って失敗してしまっても、ARTが終了しないこともあるし、終了してしまっても約30G回せば再びARTに復帰(ARTの権利が残っていれば)してくれる。そう、これが最新のARTシステムたる所以。内部状態を複雑に推移させることによって、初級者でも気軽に楽しみやすく、連続予兆にも意味のあるアツさが加わったのだ。

詳細はいずれ攻略ポイントのページで解説することにして、まずは基本仕様から。ボーナスは6種類。青7揃い、桃7揃い、「青7・青7・桃7」揃い、「桃7・桃7・青7」揃いはBIGで純増約220枚。「青7・青7・BAR」揃いと「桃7・桃7・BAR」揃いはREG(内部的には獲得枚数の少ないBIG)で純増約100枚となっている。

ボーナス中にベル揃いのチャンス目が出現するとART突入のチャンス。強チャンス目(完全ハズレ)が出現するとART突入確定だ。ボーナス中にART突入の権利が得られなくても諦めるのはまだ早い。BIG後約70G間とREG後約30G間は高確率状態となっており、やはりベル揃いのチャンス目が出るとARTの期待大となる。

ARTは液晶でナビされた絵柄を左リールに狙うだけで1Gあたり約1.5枚増なのは前述の通り。ARTはゲーム数によって管理されており、ボーナスやチャンス目、レア役成立でゲーム数上乗せのチャンスとなる。継続と上乗せで大量獲得を目指そう!

アツ連続予兆の復活ということで、通常時からのART突入も珍しくはない。ボーナスとARTの連鎖はどこからでも期待が持てるぞ! そんな最新ARTシステムを引っさげた『忍魂』の導入は1月13日からだ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:忍魂
このニュースの関連URL:大都技研




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る