> > 2009年一発目の新機種はこのタイトル!『CR花の慶次〜斬』登場!
ニュース
新機種発表
2009年一発目の新機種はこのタイトル!『CR花の慶次〜斬』登場!
ニューギン

CR花の慶次〜斬
2009年パチンコの幕開けはこの機種から。年始早々、「おりゃおりゃおりゃおりゃ どかん!」とやって来たのは、かねてよりその登場が噂されていた待望の続編。1月8日、都内某所にて『CR花の慶次〜斬(ニューギン)』の発表会が開催された。

発表会冒頭を飾った笹本常務の言葉通り、『CR花の慶次』は発売から1年半が経過した今もホールを賑わせる主戦タイトル。我々プレイヤーと、遊技を提供するパチンコホールの両者から支持を受けたことが、この異例とも言えるロングヒットに繋がったと言えよう。

気になる本機は、基本的なスペックは前作同様フルスペックのバトルタイプとなっており、ファンのハートをがっちり掴んだ「キセル予告」や大当たり終了後の「城門突破演出」など、お馴染の激アツ演出は健在。
勿論、新作ならではの追加要素にも注目だ。
演出面では、「高確率の可能性を秘めた新モードの搭載(全7種)」や、それらのモード移行契機の追加、新キャラクター「風魔小太郎」の登場、増量されたプレミアムラウンドの数々など全体的なボリュームアップが図られている。

また役物面では、慶次のトレードマークともいえる朱槍をモチーフとした「朱槍可動体」や、一発告知としても活躍する「傾奇フラッシュ(液晶左のワープ入り口付近の透かし絵が七色に発光)」等が特徴的だ。
さらには、大当たり演出を盛り上げるBGMとして新曲を3曲追加。前作でもお馴染・角田氏による「よっしゃあ漢唄」や作曲:後藤次利氏・作詞:原哲夫氏のコンビで作られた「ひとひらの花」など、聞き応え十分の内容となっている。

発表会場には、この新曲を歌う角田氏が応援に駆けつけ、「よっしゃあ漢唄」を披露。NHK大河ドラマ「天地人(主人公:直江兼続)」にも出演する同氏の演技・歌声を追い風に、パチンコファン全員で「よっしゃあ!」と出陣するその日を期待して待とう! (ホールへの登場は3月初旬を予定)

このニュースの関連URL:機種図鑑:CR花の慶次〜斬
このニュースの関連URL:ニューギン



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る