> > 『CR宇宙戦艦ヤマト2』再び発進!藤商事より・・・新機種プレス発表会開催!
ニュース
新機種発表
『CR宇宙戦艦ヤマト2』再び発進!藤商事より・・・新機種プレス発表会開催!
藤商事

CR宇宙戦艦ヤマト2
「ヒト味違う“オモシロ”さ!」をキャッチフレーズに次々とヒットを飛ばすパチンコ・パチスロメーカーの藤商事から、大ヒット確実の新機種が発表になった。

2009年2月5日木曜日。プレス発表会の行われた、東京品川インターシティには全国から多くのメディア、ホール関係者が集まった。というのも、ビックタイアップ機種として2007年に発売された前作『CR宇宙戦艦ヤマト』の大ヒットの余韻もまだ生々しいわけだから、当然といえば当然。

巨匠・松本零士氏による原作「宇宙戦艦ヤマト」は、日本アニメ界に燦然と輝く不朽の名作。ささきいさお氏の歌うその主題歌とともに知らぬ者はいない超有名タイトルなだけあって、パチンコファンにも馴染みが深い作品と言えるだろう。

新機種では、西暦2201年、ガミラスとの壮絶な戦いを制し帰還したヤマトと急速に復活を遂げる地球と宇宙が舞台となっている。宇宙の彼方から再び脅威が迫りつつあった・・・この壮大なストーリーの元に作り込まれただけに期待もふくらむ。

発表会では、主催者を代表して今山武成営業本部部長より挨拶が行われた。それによれば「エンドユーザーの心を虜にする厚みのある奥深い演出がメインになっている機種」とのこと。 続いて、世界初!メガネを着用した3D「宇宙戦艦ヤマト」のプロモーション映像が上映された。これはこの日のために作成された激レア映像で、会場もどよめいたほどの迫力。

同社では、粗利重視のマックスバトルタイプに偏るホール状況はエンドユーザーの負担増となり、結局は稼働低下という「負のスパイラル」を引き起こすと分析。それを克服するために、ミドルスペックを育てるという明確なコンセプトを持ち開発された『CR宇宙戦艦ヤマト2』。プレイヤーがパチンコ本来の楽しさを味わい、稼働を復活させることを目的に、好感度調査やホールアンケート調査を行い徹底した分析にもとづき、満を持しての発表となった。

最後に販売促進についての説明がなされた。稼働支援ミッションとして、テレビCMに井筒和幸監督をはじめ、椿姫彩那、山本梓らのタレントを起用。さらにCSにて「宇宙戦艦ヤマト」三作品を放映し、WEBでもヤマト特設サイトを設け、新着情報やキャンペーングッズなどの紹介もしていく予定。

  気になるスペックは、1/348.6→1/34.8 確変68%(※スタート入賞時2R:15R=24%:44%)、毎回100時短というバランスのとれた仕様。14個賞球の8カウントなので出玉のほうもまずまず。展開によっては大量出玉をゲットできるスペックと言える。

ゲーム性は、「進化と継承」をうたい文句にストーリーが連続するほど熱くなる「名シーン予告」や「バトル演出」という前作の根幹にあたる部分が踏襲されている。かつ、新しい演出として壮絶な「白色彗星帝国」との戦いは見応え十分。

藤商事では、最大級の技術力を発揮した超ハイクオリティー3DCG映像による演出は「かめばかむほど味の出るスルメイカのような製品」と自信満々。全国のホールデビューは3月16日より。期待して待とう。

このニュースの関連URL:機種図鑑: CR宇宙戦艦ヤマト2
このニュースの関連URL:藤商事



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る