> > 日本のパチンコはこれでいいのだ!『CR天才バカボン 41才の春だから』登場!
ニュース
新機種発表
日本のパチンコはこれでいいのだ!『CR天才バカボン 41才の春だから』登場!
Daiichi

CR天才バカボン 41才の春だから
春一番が連れてきた陽気から一転、厳しい冬の寒さを取り戻したかに思えた2月17日。東京六本木グランドハイアットにて、まさに「春」を思わせる陽気なコメディタイトル『CR天才バカボン 41才の春だから』のプレス発表会が開催された。
本作は、ロゴを一新した新生・大一商会が放つ渾身の人気シリーズ。
発表会冒頭に行われた市原代表取締役社長の挨拶では、「“PLAYBALL!”というキャッチフレーズの元、パチンコという遊びが生活の活力となるように遊技機の提供を行っていきたい」との新たな意気込みが語られた。

さて、今回発表となったタイアップタイトル「天才バカボン」は、知る人ぞ知る赤塚不二夫氏によるコメディ漫画。今年で生誕41周年を迎える本作は、劇中に登場する「バカボンのパパ」の年齢(41才)と等しく、まさにバカボン(のパパ)イヤーを飾るに相応しいタイミングでのリリースとなった。
2000年に『CR天才バカボン』として同社から登場して以降、『バカボン2』や『レレレにおまかせ』『バカボンCLASSIC』とシリーズ化されてきた人気タイトルは、「従来のファンも楽しめる演出設計」は勿論のこと、「新規ユーザーの取り込み(新筐体D-SOLIDの採用)」にも対応している。

気になるスペックは、最近主流となりつつある1/341.5のミドルタイプ。通常時の確変突入率は、15R確変47.5%、2R確変16%(うち7%は電サポ無し)となっている。潜伏の可能性のある「天才モード」移行時には、盤面右下の2Rランプで確変の有無を判別可能だ。このあたりは、他機種のモード移行に慣れ親しんだプレイヤーならば分かり易いゲーム性と言えるであろう。

発表会後半では、2007年に同社のパチンコとしても登場したほしのあきさんと同2007年のM1チャンプ・サンドウィッチマンが応援に駆けつけた。
41才になったら何をしたい?との質問に対して、「引き続きグラビアを頑張りたいです!」というほしのあきさんの前向きなコメントが飛び出す一方で「とにかく生きていたいです・・・健康診断の結果が最悪だったので」と後ろ向きなコメントで会場を賑わした元M1チャンプ。「僕達のパチンコ機も作ってください!」との宣伝もぬかりなく、本タイトルに相応しい笑いに包まれたまま発表会は終了となった。


2009年に春を呼び込む本機のホール導入予定は3月16日から。「これでいいのだ!」の台詞がホールを明るく照らしてくれるに違いないのだ!

このニュースの関連URL:機種図鑑: CR天才バカボン41才の春だから
このニュースの関連URL:大一商会



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る