> > 『戦国双天絵巻〜華恋姫伝〜』シリーズ・・・サンセイR&Dより華やかにデビュー
ニュース
新機種発表
『戦国双天絵巻〜華恋姫伝〜』シリーズ・・・サンセイR&Dより華やかにデビュー
サンセイR&D

CR戦国双天絵巻〜華恋姫伝〜
戦国を彩る姫たちが主人公のパチンコ台が発表になった。発売元はメガヒットとなった『牙狼』を送り出したサンセイR&D。ユニークな機種開発では定評のあるメーカーだけに、新機種への期待は高い。

その状況を反映して、展示会が行われた3月中旬、東京上野の同社ショールームには、終日多数の来訪者であふれた。

まず目をひくのは、美麗な液晶画面とその筐体。戦国時代は男の世界というイメージがあるが、その影で武将たちを支えた姫たちが主人公のパチンコ台に仕上げてきた。美麗な印象を持つのもそれゆえだ。

注目すべきはそのスペック。ミドルタイプと甘デジタイプの二つに大別されるが、メインとなるのは甘デジタイプのPW。約1/100の確率に加えて、ST(スペシャルタイム=回数限定確変)が、華恋ゾーン+ST5回転。さらに回数振り分けつきの時短という仕様。

最初の4回転は「華恋ゾーン」と呼ばれ、実質は保留消化となるわけだが、そこに当たりが格納されている場合、予告やリーチアクションを経ずに、大当たりラウンド終了後に「当たり」となる演出が面白い。

その後の5回転のチャンスゾーンも、ジョグダイヤル演出によって、大当たりを獲得する演出がアツい。ラウンドも6と15の二通りあり、展開によってはプレイヤーが満足できる出玉を獲得できるはずだ。

ミドルタイプは多彩なモード移行演出が楽しめる。また、挿入歌や声優にもこだわりをみせる。涼宮ハルヒなどの声で有名な平野綾を始め、川澄綾子、朴璐美ら有名な声優陣が使われている。

濃姫、お市、茶々など歴史上有名な姫たちが、繰り広げる優美な世界が堪能できる『CR戦国双天絵巻〜華恋姫伝〜』の発売は、4月20日の予定。桜の咲く春にふさわしい優美な世界を是非、ホールで味わってほしい。

このニュースの関連URL:機種図鑑: CR戦国双天絵巻〜華恋姫伝〜
このニュースの関連URL:サンセイR&D




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る