> > バレーボールブームを巻き起こしたスポ根漫画「アタックNo.1」がパチスロに!
ニュース
新機種発表
バレーボールブームを巻き起こしたスポ根漫画「アタックNo.1」がパチスロに!
三洋物産

アタックNo.1
「だけど 涙がでちゃう 女の子だもん」のフレーズでお馴染み、1970年代にバレーボールブームを巻き起こしたスポ根漫画「アタックNo.1」がパチスロになって登場する! 誰もが知る名作だけに、ライバル校との激闘などといった液晶演出も見逃せないが、パチスロ機としての中身も充実しまくっているので、さっそくその片鱗から解説していこう。

本機は、ボーナスとRTの連鎖でコインを増やすタイプとなっており、RTにはパンク回避部分と目押しでRTを伸ばす「アタックタイム」があるので、ボーナス絵柄をミスなく揃えられる程度の目押し力は必要だ。

まず、ボーナスは4種類あり、赤7揃いと青7揃いはBIGで純増平均305枚。「赤7・赤7・青7」揃いと「青7・青7・赤7」揃いはREG(内部的には獲得枚数の少ないBIG)で純増平均73枚となっている。このいずれのボーナス終了後もRTから開始される。

RTの序盤はピンクチェリーを獲得してしまうと終了してしまうパンク回避型となっている。ピンクチェリー成立時はリール窓枠左側の「本郷ランプ」が点灯するので、左リールに黒BARのカタマリを押してパンクを回避しよう!

RT中に液晶で本郷が登場し「気合いを入れろ!」と言われたら、RT延長チャンスに。この時は、中・右リールを先に止める変則押しして、最後に左リール中段or下段に赤7を2コマ目押ししよう。成功するとRTのゲーム数を5G上乗せすることができるぞ。

このRT延長チャンス後は、ピンクチェリーを獲得してもRTは終了しなくなるが、左リールはピンクチェリーと黒チェリーの2択となっている。そのナビを発生させるには、BIG中の「波打ち笛」(ホイッスルがユラユラ動く小役ナビ)発生時にRT延長チャンスと同様の手順を実行してみよう。成功させられれば、ナビを獲得することができるぞ!

なお、RTは約80G継続(1Gあたり純増約0.8枚)とゲーム数が明確になっていない。RT延長チャンスと合わせて考えると、ヒトクセありそうなシステムと思われる。いずれにしても、目押しによってコインを増やす面白さが詰まっているのは間違いないし、ボーナス確率も1種限定でRTを搭載した機種の中では高めなので、ボーナスとRTの連鎖には大いに期待ができそうだ!

完走型RTならではの「必殺技習得→ライバル校との対戦」という王道の演出パターンだけでなく、最大150G継続し、さらにボーナス確定となる「SUPERアタックタイム」も存在。
出玉の展開に目押しの醍醐味も詰まった『アタックNo.1』は、5月11日導入予定だ。

このニュースの関連URL:機種図鑑: アタックNo.1
このニュースの関連URL:三洋物産




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る