> > 進化系ぱちんこ第3弾『ぱちんこ おぼっちゃまくん』 5月18日デビューぶぁぃ!!
ニュース
新機種発表
進化系ぱちんこ第3弾『ぱちんこ おぼっちゃまくん』 5月18日デビューぶぁぃ!!
京楽

ぱちんこ おぼっちゃまくん
『ぱちんこキン肉マン』『スロぱちんこグラディエーターエボリューション 』に続く、京楽産業.の進化系パチンコ第3弾となる新機種が発表となった。その名も『ぱちんこ おぼっちゃまくん』。モチーフは、漫画雑誌「コロコロコミック」で連載され、アニメ版としても放映された人気漫画だ。

葉桜が美しい春本格の4月17日。特別先行展示会場になった東京ドームシティホールには、京楽の注目機種ということもあり、全国から多数のメディア・ホール関係者が集まった。

新機種の大きな特徴は、進化系ぱちんこの集大成ともいえるバトルモード搭載の仕様と、新たに導入されたプレイヤー参加型の画面タッチ演出。さらに、京楽ファンなら思わずニンマリ、爆笑必至のパロディ演出が盛りだくさん。仕事人、水戸黄門、冬ソナ、ウルトラマンなど歴代の京楽の大ヒット機種のパロディが原作の世界観とマッチしているゲーム性は楽しいの一言。

発表会では、サプライズステージにパチンコ大好きの芸能人を代表して、芸人の平畠啓史さん、椿鬼奴さん、そして麒麟の川島明さんの三人が登場。トークショーが展開され、それぞれに大好きなパチンコとの関わりが披露された。トークショーの終盤では、パチンコ対決も行われ、実機を前にした熱いプレイに会場も盛り上がった。

気になるスペックの方は、1/308.5の大当たり確率で、72%の確変突入〜継続率を誇る。大当たり終了後は毎回100回の時短つき。そして肝心の出玉は下アタッカーと左アタッカーで違う振り分けタイプになっているが、元々の継続率が高いため、一撃での大量出玉も十分可能である。

ゲーム演出の鍵を握るのは、「御坊カード」ゲットによるステージチェンジ演出。高確率かどうかが傍からは判りにくいために、常に高確率の期待を持ちつつプレイできる。また、バトルタイプとはいえども、敗北しても15R分の出玉と時短100回がつくので、今までの敗北〜がっかり感が軽減されていることが嬉しい。

全国のホールデビューは、5月18日の予定ぶぁぃ!! 笑いの詰まった本機の登場を心して待とう。

このニュースの関連URL:機種図鑑: ぱちんこ おぼっちゃまくん
このニュースの関連URL:京楽



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る