> > 3分に1回、何かが起こる!?『ぱちんこCRハクション大魔王3 アクビ娘』発表
ニュース
新機種発表
3分に1回、何かが起こる!?『ぱちんこCRハクション大魔王3 アクビ娘』発表
サミー

ぱちんこCRハクション大魔王3 アクビ娘
昨年秋より20万台のセールスを記録し今もなお高稼働を続ける『ぱちんこCR北斗の拳』、そして本年のスタートを飾った『CR逃亡者おりん』が記憶に新しいサミーより、2009年度第一弾となる新機種『ぱちんこCRハクション大魔王3 アクビ娘』が発表となった。

本機のセールスポイントは、同社が「3分に1回、何かが起こる!?」と銘打つように、通常遊技中のドキドキ感を創出する為に用意された仕掛けにある。
従来の機種では「図柄の三つ揃い=大当たり」となるのが一般的だが、本機では、「マジカルカード」と名付けられた5つの図柄(マジックハンド・ガマグチ・タンバリン・つぼ・チャンス図柄)」の三つ揃いを契機として連続演出やストーリー系リーチが開始される。つまり、図柄が揃うことの楽しさに加え、そこから繰り広げられる演出の期待感、これらが「3分に1回」の頻度で発生するように調整されているというわけだ。(ちなみに、大当たり確定図柄は「7」のみ)

なお、発表されたスペックは2タイプ。
大当たり確率:1/278.9 確変64%の「LV」と、1/348.6 確変70%の「MV」は、いずれも綿密な市場調査に基づき今後のニーズ拡大が予想されるロウミドル・ハイミドルタイプとなる。
ホールへ導入は6/8より開始予定だ。

発表会の冒頭で挨拶を述べた同社専務取締役 小口氏は、過去に系列会社にて「ダービーオーナーズクラブ」を輩出したことでも知られる有名ゲームクリエイター。「ものづくりの仕組みを見直し、斬新なアイディアとそれを実現する技術力を養い、エンターテイメントの原点回帰を目指す」と語られた意気込みからも、多くのファンを魅了してきたゲーム制作のノウハウが詰め込まれた期待大のタイトルとなるに違いない。

このニュースの関連URL:機種図鑑: ぱちんこCRハクション大魔王3 アクビ娘
このニュースの関連URL:サミー



  • ニュース写真

  • ニュース写真


前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る