> > BIG中にART権利を獲得できて当たり前!? 『ヴァンパイア』発表!
ニュース
新機種発表
BIG中にART権利を獲得できて当たり前!? 『ヴァンパイア』発表!
エンターライズ

ヴァンパイア
『春麗にまかせチャイナ』でパチスロ業界に参入した株式会社エンターライズから、第二弾となる『ヴァンパイア』が発表された。こちらもカプコンの人気格闘ゲームとのタイアップで、「ストリートファイター」シリーズの後に発表された作品となっている。

ボーナス中の7揃いによってART発動のナビ個数が抽選され、獲得した分だけARTがループしていくのが特徴となっている(ナビストック方式)。ARTに突入させる段階では、そのナビに従ってチェリーを回避したり、3択のベルを獲得する必要があるので、ボーナス絵柄を狙う程度の目押し力は必要だぞ。

ボーナスは5種類あり、そのうち3種類がBIGとなっている。青7揃いは、純増MAX300枚。「白7・白7・青7」揃いと「赤7・赤7・青7」揃いは、純増MAX210枚。残る2種類の「白7・青7・青7」揃いと「赤7・青7・青7」揃いは、チャレンジボーナスで純増は50枚だ。

BIG中は、中段で青7が揃うとARTの権利獲得確定。青7が揃うごとに最低でも1回、最大10回のART権利を獲得することができる。そのBIG中の青7揃いは、青7BIG中が超期待大! もちろん、1回のBIGで複数回青7が揃った場合はARTの権利が上乗せされるので、一撃の魅力もたっぷりと言えよう。また、異色BIG時も普通に揃う確率となっているので、簡単にボーナスとARTの連鎖を楽しむことができるだろう。

ARTの権利を獲得したら、ボーナス終了後は小役ナビが発生するようになる。ART発動の契機となる特殊リプレイ(ベル・リプ・リプ)が揃うまでの間に、3択のベルの目押しに失敗したり、チェリーを入賞させてしまうと通常ゲームに陥落してしまうので注意しよう。

ARTは50Gで1セットとなっており(1Gあたり約1枚の純増)、この間はチェリーを入賞させたり、3択ベルの目押しに失敗しても大丈夫。ART終了後は再びチャンスゾーンから開始されるので、ボーナス終了後と同じように、ナビに従ってプレイすればOKだ。コウモリ絵柄が揃ったらART突入は間近だぞ!

BIG中にARTの権利を獲得できなかった場合や、ARTの権利を使い果たしてしまった後も、ART突入の期待は残されている。3択のベルを自力で獲得し、チェリーをハズしている間に「コウモリ揃い」から特殊リプレイ揃いに繋げればARTは発動してくれる。少々道は険しいかもしれないが、3択ベルこぼしやチェリー入賞後は約80Gでチャンスゾーンに復帰するので、意外なところからARTに突入することも珍しくはないだろう。

BIG中、当たり前のようにART権利を獲得でき、一撃のループも見込める『ヴァンパイア』は、7月頃から導入予定だ!

このニュースの関連URL:機種図鑑: ヴァンパイア
このニュースの関連URL:エンターライズ




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る