> > ニューギンから『CRサイボーグ009〜未知なる加速へ〜』登場!
ニュース
新機種発表
ニューギンから『CRサイボーグ009〜未知なる加速へ〜』登場!
ニューギン

CRサイボーグ009〜未知なる加速へ〜
石ノ森章太郎原作のSFアニメ不朽の名作「サイボーグ009」が、2009年〜1,000年に一度しか訪れない“009イヤー”〜にパチンコとしてニューギンから華麗なる復活をとげた。その名も『CRサイボーグ009〜未知なる加速へ〜』だ!

ニューギンとしては2003年に続くシリーズ第2弾となるが、今回の機種は009イヤーに発表される機種に相応しく、あらゆる部分が最高レベルの仕上がりとなっているのが特徴だ。

まずは巨大な19インチ液晶で展開される演出は、業界最高レベルの大容量16Gbitロムを搭載し、美しく滑らかで迫力アル演出を実現。さらに大容量をフルに活かしたスーパーリーチは、なんと85種類を搭載! すべてのスーパーリーチを見るだけでも大変な数量だ!!

リーチのみならず注目されるのは、「サイボーグ009」としてはあらゆるメディアを通しての初の3DCG化がパチンコで実現された点だ。
この3DCGはTVアニメの作画監督・紺野直幸氏の手によるもので、3DCG演出は出現するだけで大当り期待度もアップするだけに是非一度は見て欲しい演出となっている。
このほか、通常のアニメーション部分はTVアニメの世界を再現するため当時の声優陣が参加しているし、大当り中のBGMなどの楽曲は「globe」の「What's the justice?」などが搭載され、ゲーム性を一層引き立てているぞ。

また全面液晶機でありながら、演出を盛り上げる電飾は400個のLED、さらに可動役物は「ゼロゼロサイレン」が6つ、「ゼロゼロレイガン」が9つ、さらには落下すれば期待度MAXの「ゼロゼロギア」と合計16個もの役物が搭載されており、盤面の美しさやきらびやかさも見逃せない。

ゲーム性においても、同社の『コブラ』で好評を博した通常時に2R単発当たりのない「バトライズスペック」を搭載。初当たりは2R確変のほかは、かならず16R分の出玉のある大当りであるにも関わらず、確変突入率75%という魅力あるスペックが実現されている。

早くホールで“加速”させたい本機の登場は7月6日からが予定されている。

このニュースの関連URL:機種図鑑: CRサイボーグ009〜未知なる加速へ〜
このニュースの関連URL:ニューギン




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る