> > 懐かしくて新しい『デュエルドラゴン キングダム』が導入開始
ニュース
新機種発表
懐かしくて新しい『デュエルドラゴン キングダム』が導入開始
エレコ

デュエルドラゴンキングダム
アルゼ系初の液晶搭載機として知られる「デュエルドラゴン」シリーズが、5号機『デュエルドラゴン キングダム』として登場する。その中身は『デュエルドラゴンR』に負けず劣らずのハイスペックタイプだ。

1回の目押しミスで失うものが大きいため初心者にはオススメできないが、赤7近辺or青7近辺とアバウトながらもボーナスを揃えるのを失敗しないくらいの目押し力があれば十分対応可能だろう。


ボーナスは3種類で、青7揃いは純増約351枚のBIG。赤7揃いは純増約252枚のBIG。BAR揃いは純増約108枚のREG(内部的には獲得枚数の少ないBIG)となっている。このボーナス中が、パンクを回避するナビを獲得する最初のチャンスだ。

ボーナス中のナビ獲得抽選は、ダイヤ成立時に行なわれる。このダイヤにはスペシャルダイヤと通常ダイヤの2種類があり、目押しに失敗してもナビポイントは(抽選に当選すれば)獲得となるが、ボーナスの獲得枚数は減ってしまうので、予告音が発生したら必ずダイヤを狙うようにしよう。獲得できるナビ回数は、スペシャルダイヤのほうが獲得率・ナビ回数とも期待大!


ボーナス終了後は、まず「すごろくチャンス」というチャンスゾーン(以下、CZ)に移行する。このCZ中とART中は、いずれも「BAR・赤7・白7」のSINボーナスを揃えるか、2択のベルを取りこぼすと終了してしまう。

SINボーナス成立時は、リール窓枠の液晶全体が赤くなるので、左リールに赤7付近を狙えばパンク回避成功。2択のベル成立時は、獲得ナビに残数があれば(リール右側のデジタルに表示)左リールのフチで狙うべき7の色をナビしてくれるので、それに従って押そう! ナビがゼロになったら「!」表示となるので、運に任せて勝負。

こうしてCZを30G完走させると、ルーレットが作動して最大200回までのナビ回数が上乗せされる。ここからは、1Gあたり約1枚増加するARTだ。このART中もCZ中と打ち方は同様。目押しに失敗してしまうとARTは終了し、残りのナビ回数は(リプレイ確率が低くなった)通常ゲームで消化されるので注意しよう。


なお、ボーナス中のナビ獲得抽選は、ボーナスを引いた時点の状態によって左右される。そのモードは複数の段階に分かれていると予想されるが、基本的にCZやART終了時は高確率モードになっていることが多いので、ARTが終わったからと言って即ヤメは得策ではなさそうだ。また、高確率モード時は上部液晶に表示される文字や絵柄がハサミテンパイすることが多いぞ!

ボーナスの連チャンで超ロングRTへ。そしてそこでまたボーナスを引き……そんな夢のある仕様の『デュエルドラゴン キングダム』は、既に導入開始となっているので、探して打ちに行こう。ART中は昔懐かしのサウンドが流れることも!

このニュースの関連URL:機種図鑑: デュエルドラゴンキングダム
このニュースの関連URL:エレコ




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る