> > バトルタイプ『幕末鬼神伝CR鬼の歳三』 サンセイR&Dより登場!
ニュース
新機種発表
バトルタイプ『幕末鬼神伝CR鬼の歳三』 サンセイR&Dより登場!
サンセイR&D

ニュース写真
『CR戦国双天絵巻〜華恋姫伝〜』など、ここのところ時代劇ものに力を入れているSansei R&Dより、今度は幕末をテーマにした新機種が発表になった。『幕末鬼神伝CR鬼の歳三』と名付けられた新機種は、そのネーミングのとおり、動乱の幕末を舞台にしたもの。

新撰組副長として有名な「土方歳三」をメインキャラにすえ、新撰組局長「近藤勇」、天才剣士「沖田総司」の3人を活躍させるという設定だ。幕末の舞台にふさわしく、坂本龍馬や桂小五郎などの歴史上の人物も登場し、個性溢れるキャラがゲーム演出を彩っている。

気になるスペックは、約1/396の確率で80%の確変継続率というバトルタイプ。ランクアップ式のボーナスラウンドは、盤面中段の羽根状のアタッカーに玉を拾わせる仕組み。継続率も高いので、つぼにはまった時の爆発力は申し分ないはず。

予告やリーチなどのゲーム演出は、動乱の幕末にふさわしい迫力のあるものが多い。特に、閃光一閃の居合い切りが炸裂するリーチ後の「抜刀予告」は激アツ。また、連続予告は多彩な演出が多く、ジョグシャトルの連打アクションと連動してゲームを盛り上げている。

連チャンモードのバトル「捜査モード」に入ると、敵浪人たちとの壮絶な闘いに舞台はシフトする。先制か防御か、攻撃力のランクなどによって、継続するか否か、手に汗握る展開が楽しめる。新撰組が浪人達の罠にかかって撤退しても、「撤退モード」での引き戻し(確変潜伏)が十分に期待できる。

バトルタイプの機種が市場に出回ることが今後は減少することが予想されるため、爆発力の高いバトルスペックを好むファンにとっては見逃せないタイトルとなりそうな『幕末鬼神伝CR鬼の歳三』のホールデビューは8月中旬の予定だ。

このニュースの関連URL:機種図鑑:幕末鬼神伝CR鬼の歳三
このニュースの関連URL:サンセイR&D




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る