> > 懐かしのチェリー前兆目が帰ってきた! 5号機版『ビガー』が導入開始!
ニュース
新機種発表
懐かしのチェリー前兆目が帰ってきた! 5号機版『ビガー』が導入開始!
エマ

ビガー
チェリー前兆バージョンの裏モノ(以下、前兆モノ)として、かつて一世を風靡した『ビガー』が、5号機の世に蘇った!

「前兆モノ」という言葉に聞き慣れない人も多いだろうが、ストック機の小役解除や、5号機にある「ボーナスと小役の同時成立」は、間違いなくこのシステムを参考にしているのだ。その当時は非合法機として、メーカーの関与しないところでチューンナップが施されて…という代物ではあったが。

その前兆モノの代名詞『ビガー』の5号機版だが、もちろん今回は合法機。小役確率の変動が認められない5号機規定に則って再現しているため、チェリーは1枚役の他に特殊リプレイとして存在している。悪い言葉で言えば「チェリ連ではなく、リプ連」なのだ。

しかし、そこはヌカリなし。チェリー頭の特殊リプレイが揃った際も擬似的に払い出し音が発生したり、MAXBETボタンが点滅して叩けるようになっていたりと、チェリ連『ビガー』を待ち望んでいた人のために、細かな気配りがなされているのだ。

その他にも前身機と違う点がいくつかあるので、紹介しておこう。もちろん、1000G周期のBIGはやってこない。そして、チェリー前兆からもチャレンジボーナス(以下、CB)があることだ。周期天井は、5号機の規則内ではどうあがいてもムリとご理解頂けることだろう。チェリ連からのCBは賛否分かれるところであろうが、その増えた回数分だけチェリ連を多く楽しめる、チェリ連の期待度が上がる…と考えれば、むしろ歓迎すべきことなのかもしれない。

さらに違う点と言えば、右リールにBAR絵柄があるということか(前身機は「BAR・BAR・赤7」でREGだった)。そんなことに笑えるマニアは、既に導入開始されているのでホールにGO! そうでない人も、チェリーが続くだけでアツくなれるので、見かけたらチャレンジしてみよう!

このニュースの関連URL:機種図鑑:ビガー
このニュースの関連URL:エマ




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る