> > 華麗なる将棋の世界が14年の歳月を経て甦った!『CR大駒駒倶楽部@スザンヌ』登場
ニュース
新機種発表
華麗なる将棋の世界が14年の歳月を経て甦った!『CR大駒駒倶楽部@スザンヌ』登場
豊丸産業

CR大駒駒倶楽部@スザンヌ
デジパチにおいて初めて「再抽選」というゲーム性を生み出した『CRコマコマ倶楽部』。以降、その流れは今の主流のものとなり、すっかり定着した。その他にも斬新な予告やリーチアクションで話題を呼んだ『CRコマコマ倶楽部』。それが14年の歳月を経てリニューアルされた。

人気タレント・スザンヌとの意外とも思えるコラボレーションで2009年バージョンは完成した。愉快な発言でお茶の間で大人気のスザンヌが、モード移行演出や予告や実写リーチなどで大活躍する。

スザンヌのアクションは、初代を彷彿とさせる古風とも思える「駒」の動きととてもよくマッチしていて、誰もがとっつきやすいゲーム性に仕上がっている。

気になるスペックは、1/315の大当たり確率に、65%確変と非常にオーソドックスなミドルタイプの「M2」と、1/99の大当たり確率に58%確変の羽根デジタイプ「V2」の二つが発表された。

ミドルタイプは十分な爆発力が味わえ、羽根デジタイプは少ない投資で気軽に遊べる仕様と言えるだろう。

スザンヌとのコラボレーションとは言え、全体的なテイストは初代の『CRコマコマ倶楽部』の和風かつモダンな世界そのもの。駒が横回転する元祖「クルクルアクション」をはじめ、盤面に配置された駒の役物が連続して動き出す演出では、将棋の駒の美しさが非常によく表現されている。

2代目の『コマ道楽』などでも素晴らしく美麗な液晶画面で演出を作り上げてきたメーカーの豊丸だけに、『CR大駒駒倶楽部@スザンヌ』の出来映えは素晴らしいの一言。全国のホールにその姿を現すのは、8月30日の予定。初代のファンにも、若い層のファンにも十分楽しめる新機種の登場に期待しよう。

このニュースの関連URL:機種図鑑:CR大駒駒倶楽部@スザンヌ
このニュースの関連URL:豊丸産業




前へ 次へ

最新ニュース






このページの先頭へ戻る

戻る 777@niftyトップへ戻る